海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

10月23日 信頼と確信と勇気

おはようございます。
良い出来事をたくさん経験する日でありますように。


☆今日の御言葉 ヤコブ1章25節
『自由の律法を一心に見つめて離れずにいる人は、聞いて忘れてしまう人ではなく、行う人になります。このような人は、その行いによって幸いな者となるのです。』


心は成長に、人間は愛されて強くなれる存在です。昨日よりも今日、昨年よりも今年、日毎に神さまの恵みが注がれていて、沢山の悩み後悔を抱えるものですが、私たちの生涯には希望が必ずあるのです。


ある本を読んでいた時に、「心の基礎工事」という言葉が記されていました。心にしっかりとした基礎ができていないと、現実の事柄に不安定になってしまいます。感情で対処したり、浮き沈みが激しく、心が疲れてしまいます。基礎工事がしっかりしていれば、揺るぎない心の平安、生かされている喜び、恐れを小さく信じる思いを大きくして歩いていくことができます。


今からでも心の基礎工事は可能です。
3つの土台をしっかりと築きます。
・愛されていることの信頼
・自分が良いものであることの確信
・幸せを選ぶ勇気、


・みことばを一心にみつめるー信頼
聖書のみことばはどこを開いても神さまの愛の呼びかけが聞こえてきます。人は、愛されていることの信頼を強く感じている時に、その心に揺るがない基礎ができます。愛は親密なつながりから生まれます。神さまはどれほど私たちを愛し、守り、支えてくださっているでしょうか。その愛に信頼を置き続けます。


・聞いて忘れないー確信
みことばを心で聞き続けると、生活での変化を経験します。それは、自分はよいものであること、必要な存在であること、神さまが愛をもって私の人生を尊く生かしてくださることを知るのです。自分の価値観は、自分や他の人によって見い出すものではありません。神さまの愛から自分の価値を見い出すと、その価値はいつまでも永遠に輝き続けることを知ることができるのです。確信をもって、「わたしは神さまに愛されている」と思えるのです。


・行う人ー勇気
愛されていること、良いものとして今日を生かされていることをいつでも思い起こし、歩む時に、何も心配することなく、委ねた心をもったしなやかな人として生きることができます。良いこと、悪いこと、人を生かすこと、人を傷つけること、たくさんの選択肢があるなかで、良いこと、自分も周りの人も幸せになることを選び取る勇気ある人になります。


神さまの愛にしっかりと結ばれ、今日を安心して過ごします。
 

f:id:dailybreadzion:20201023080602j:image