海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

8月13日 イエスさまと浜辺を歩く

おはようございます。
心配を神さまの手に委ねると信頼になります。


☆今日の御言葉 エフェソの信徒への手紙5章1−2節
『神に愛された子どもとして、神に倣う者となり、愛の内に歩みなさい。』


カナダに住むマーガレット・F・パワーズさんという方が書いた「Footprintsーあしあと」という有名な詩があります。このような内容です。


「ある晩、男が夢をみていた。夢の中で彼は、神と並んで浜辺を歩いているのだった。そし­て空の向こうには、彼のこれまでの人生が映し出されては消えていった。どの場面でも、砂の上にはふたりの足跡が残されていた。ひとつは彼自身のもの、もうひとつは神のものだった。彼はふりかえり、砂の上の足跡を眺­めた。すると彼の人生の道程には、ひとりの足跡しか残っていない場所が、いくつもある­のだった。しかもそれは、彼の人生の中でも、特につらく、悲しいときに起きているのだ­った。


すっかり悩んでしまった彼は、神にそのことをたずねてみた。「神よ、私があなたに従って生きると決めたとき、あなたはずっと私とともに歩いてくだ­さるとおっしゃられた。しかし、私の人生のもっとも困難なときには、いつもひとりの足­跡しか残っていないではありませんか。私が一番にあなたを必要としたときに、なぜあな­たは私を見捨てられたのですか」神は答えられた。 「わが子よ。 私の大切な子供よ。 私はあなたを愛している。 私はあなたを見捨てはしない。あなたの試練と苦しみのときに、ひとりの足跡しか残され­ていないのは、その時はわたしがあなたを背負って歩いていたのだ」


私たちは今日も人生の道を歩いています。砂浜を歩くように、あしあとはいつも二組みあるのです。イエスさまのあしあとと私のあしあとです。そして大変なときに孤独を感じることがあるかもしれません。ひとりぼっちでこの苦しみを乗り越えなくていけないと思うかもしれませんが、その時こそ、イエスさまは歩くことが困難な私を背負っていてくださっているのです。ここに神さまと私たちとの関係の豊かさが描かれています。


神さまの愛に背負われて歩む祝福があります。


1、私たちは神さまに愛された子ども
慈愛に満ちた父なる神さまがおられます。いつも守られています。どんな時にも背負われています。嵐の中でもイエスさまは離れることはありません。水の中でも押し流されません。火のような試練の中でも焼かれず、失望に陥ることはありません。愛された子どもは、いつでもみことばによって満たされているのです。


2、私たちは神さまに倣う者
人生に目標があれば、たとえ迷うことがあっても、すぐに自分の道に戻ることができます。私たちは、失敗することがあります。後悔することもあります。その一つひとつを取り上げて、どこかに責任の追求をしても解決できることではありません。神さまは、いつでも私たちに道を示してくださっています。


3、愛のうちに歩む
いつでも神さまの愛の中にとどまります。たとえ暗闇に覆われることがあっても、自分の力ではどうすることもできないいう壁を目の前に見ていても、神さまの愛の中には、喜びがあり平安があります。祝福があり、わたしが愛されていることを豊かに知ることができるのです。


浜辺をイエスさまと一緒に歩きましょう。
愛されている神さまの子どもとして今日の日が喜びで満たされますように。
 

f:id:dailybreadzion:20200813080657j:image