海老名シオンの丘教会牧師による365日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の365日みことばメール

5月15日 神の数式

おはようございます。

☆今日の御言葉 創世記1章1,3節

「初めに神は天と地を創造された。…神は言われた。「光あれ」すると光があった。」

 

日本も参加する国際研究グループが、強大ブラックホールの輪郭の撮影に成功した、というニュースを見ました。

研修者たちは「これで、ブラックホールの存在を追い求める時代は終わり、今後はそのメカニズムを解明する時代に変わっていく節目だ。」と説明しています。


現在の科学者たちの中で「神の数式」と呼ばれるものがあります。あらゆる物質を、人間が知り得る4次元の範囲での「点」ではなく、人間の理解を超えた、見えない異次元の彼方(聖なる領域)につながる「ひも」として理解するものです。


この「ひも」の概念は「神につながる」という領域を認めないと成り立たない理論のようなのです。


神さまの存在の確かさを追い求める時代は終わりました。人間の想像を超えた聖なる領域は確かに存在するのです。

ひもでつながっているならば、今日の祈り、今日の願いは、時空を超えて、聖なる神さまの耳に届けられています。世紀の大発見です。


大きな神さまの愛は、あなたを守っています。

 

f:id:dailybreadzion:20220515074122j:image