海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

7月14日 雨でも心を晴れにする方法

おはようございます。
雨が続きますね。神さまが傘をさして守ってくださるような日でありますように。


☆今日の御言葉 詩篇1編2−3節
『主の教えを喜びとして、その教えを昼も夜も唱える人。その人は流れのほとりに植えられた木のよう。時に適って実を結び、葉も枯れることがない。その行いはすべて栄える。』


今、どのような場所に立っていても、今、何を経験していても、良いことに導かれ、解決される道は必ずあります。


起きている状況や環境がとても困難で、難しい問題を抱えることがあっても、その出来事を複雑してしまうか、祈りをもって一つひとつ整えられて歩むか、私たちの意識によって変わることがあります。
心はいつも神さまの光に照らされ、輝き続ける道があります。


その道にはいつでも「re」・・「再び、再生、回復」という言葉がキーワードとなります。


リペント(repent)向きを変える
神さまのもとに共に行きましょう。その場所は、豊かな川が流れるほとりです。背負ってきた荷物を降ろして、座ります。周りを見ると、花が咲き、川が流れ、鳥がさえずっているのです。何も私たちを脅かすものはありません。焦って何かをしなくてもいいのです。喧騒や慌ただしさ、この世の情報から吹き込む、恐れや心配の風、そこにずっと立っていると、気力を失ってしまいます。豊かな平安な場所は、神さまのもとにあるのです。


リメンバー(remember)思い起こす
豊かな流れのほとりに腰を下ろしたら、私たちは、自分自身の本当の姿を見つめます。立場や役割によって自分を見ることではありません。人の期待や、プレッシャーを通して人生を見るのでもありません。神さまの恵み深さを思い起こします。苦しみの時、どのように神さまは助けてくださったでしょうか。立ち上がれないと思う時、どのようなみことば私の支えとなったでしょうか。幸せなこともたくさん思い起こしてみてください。


リトリート(retreat)静まる
みことばを繰り返し、どんな時にも口ずさむようにして歩む時、本当の静けさと平安が私たちの今に訪れます。神さまの限りのない愛の安らぎが生活に満ち溢れるようになります。静まりは、今日を生きる力となります。静まり、立ちとまることで、神さまにそのままで愛されている実に美しい私の姿をみるのです。


リフレッシュ(refresh)回復する
良い時は必ずやってきます。それは、自分の一番良いと思うタイミングではありません。神さまは私たちの人生を見つめています。私の喜び、私の楽しみ、私の祈りを聞いてくださっているのです。その時に、流れのほとりに植えられた木のように、時にかなって実を結び、その葉は枯れることがありません。聖書の中にある「栄える」というヘブライ語の言葉は、「貫く」という意味があります。一つのことを祈り貫くならば、良い結果が待っています。


元気を回復し、梅雨でも心は神さまの愛で晴れていますように!
 

f:id:dailybreadzion:20200714082312j:image