海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

5月16日 神さまと共に歩む、1日のルーティン

おはようございます。
今日の幸せは自分で選ぶことができます。


☆今日の御言葉 マルコによる福音書4章5−6節
『ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐに芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。』


1943年に、フランス人作家のサン=テクジュペリにより書かれた「星の王子さま」という作品があります。その作品の中の言葉に「いちばんたいせつなことは、目に見えない」というフレーズがあります。


わたしたちは、あまりに目に見えることで忙しく、心配し、生きてしまうことがあるかもしれません。人の振る舞い、成功や見栄えの良さ、自分の課題や悩み、社会で起きている出来事、それらのことは本当に大切にすべきことがたくさんあります。だからこそ、毎日の生活では、その見えることへの対処、祈りが多くの部分を占めているのです。


私たちの悩みの原因は、多くの場合、この見える世界での出来事が影響しています。


でも、どうでしょうか。この私たちの生活に、目には見えない、もっと豊かな大切な世界があるとするなれば、今日はまた違う人生の風景を見ることです。


目に見えることが氷山の一角であるとするならば、見えないところにある部分を見つめるならば、わたしの人生の全体像が見えてくるのです。


エスさまは、ある時、4つの種のたとえ話を語られました。
農夫が豊かな実を期待して、4種類の土地に種を蒔きました。道端に蒔かれた種は鳥が食べてしまい、石だらけの土に蒔かれた種は芽を出しても、日照りで枯れてしまいました。茨(いばら)の中に撒かれた種も実を結びませんでした。そして、良い土地に蒔かれた種は、豊かに実を結びました。30倍、60倍、100倍の豊かさになりました。


注意深くこのみことばを読むと、とても大切なことを教えられるのです。
実を結ぶことができなかった原因がみな共通しているのです。
それは、目に見えるものにすべてその種の成長を妨げられてしまったということです。
同じ種です。とても可能性があって、芽生え育てば、何倍もの祝福の実をもたらすのです。


神さまに造られたひとりひとりは、本当に素晴らしい存在です。神さまの命が宿り、みことばは語られ、わたしたちが弱さを抱えてもなお、その人生に神さまのみことばが宿り、根を張り、生き生きとした喜びに溢れ、何十倍もの、何百倍もの実を結ぶ人生なのです。


四つの種が、目に見えることで翻弄されてしまった時間がありました。
そこで、目に見えないことに集中して実を結ぶ、このことを一日の割合で考えてみます。


1日24時間、すべての時間を、目に見えないことで生きることは難しいでしょう。
でも、目に見えることだけで一日終わったらもったいないのです。


1日の1/4(6時間)は、鳥が蒔かれた種を食べてしまいます。神さまがささやきいつでも語ってくださるみことばを見失ってしまう時間です。原因があります。「そんなみことばは価値がない」とどこからか聞こえてきます。「それは大切なものではないと」とこの世の情報に上書きされてしまいます。その時を見極めながら歩みます。


1日の1/4(6時間)は、みことばを通して、少しの喜び、一瞬心に宿り、何か気持ちが安らぎます。しかし、朝のみことばメールを読んでも、お昼ごろには、生活の目に見ること、試練や葛藤する出来事があると、もうこの朝の恵みは消えてしまいます(_ _).。o○みことばを送信するわたしが経験することです。このような時もあります。


1日の1/4(6時間)は、心配ごと、思い煩い、富の誘惑、欲が強くなり、みことばどころではありません。その豊かな神さまの愛よりも、目に見えることの中で生活は忙しくなってしまいます。ずっと平安ではいられませんね。このような時もあるのです。


わたしたちの生活の3/4(18時間)は、このような目に見える出来事に生きていて、みことばの本当のよろこびが失われているのです。


でもその一つひとつに、落ち込まないでください。自分を責めたり、誰かのせいにしないでください。それがわたしの人生の正直な部分なのです。


わたしたちは、目に見える3/4があったとしても、これが人生のすべてではありません。この3/4で生活を埋め尽くさないでください。朝から夜で終わらないでください。


もし、大切な1/4(6時間)を見るならば、すべてを超えて、人生を何倍もの祝福で満ち溢れるのです。意識すればこの時間区分を変えて、大切な1/4の時間をすべて(24時間)にもできます。


それは、神さまの恵みに満ちた1/4の世界です。1日で一番大切にします。いつでも意識します。
ゆっくりとみことば語られます。何も心配しないでください。そのまま、理解できてもそうでなくても、結果がどうとか、意味は何かとか、自分の中から考えがでてくることもあるかもしれませんが、神さまの知恵は、わたしたちよりも大きく、深く、完璧なのです。


すべてを委ね、祈り、何ごとも自分で動かそうとせず、賛美していましょう。
聖書のメッセージを聞き流したり、本も読みます。
神さまを意識するクオリティータイムです。


待ち望み、祈りをもって、心に深く深く繰り返し、神さまのみことばを考えます。
口ずさみ、思い巡らします。良い土地はよく耕され、柔軟なのです。
時間がかかっても、なかなか良いことが起きないと思っても、待ち望みます。


神さまとともにある、祝福の時間を一緒に楽しみましょう!
 f:id:dailybreadzion:20200516082346j:image