海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

10月29日 登山に行きましょう

おはようございます。
ありのままが本当に美しいです。


☆今日の御言葉 創世記22章14節
アブラハムはその場所をヤハウエ・イルエと名付けた。それは今日、「主の山に、備えあり」と言われている。』


賛美歌を聞いていると慰めされることがたくさんあります。長沢崇史先生の曲で「アドナイ・イルエ」という賛美歌があります。その賛美は、今日の出エジプト記22章14節のみことばからつくられたものです。


歌詞の中には、神さまは必要を備えてくださるお方、生き場所を失い、つまずいた時も、主は光を照らされて、道を作られる、とあります。


ある時に、生き(行き)場所失うようなことがありました。この先どうしてよいか分からずに、ふとした時に、涙が出てしまうのです。でも不思議に神さまが良きものを備え、思いもよらない問題の解決が与えられました。心から、神さまは生きていると思えた出来事がありました。


アブラハムは、大切な独り子イサクをささげなさい、と神さまから語られます。奪われてしまう悲しみ、喪失の痛みを抱えながら、神さまが示した山に登りました。その登山は、頂上に行くまで、三日間かかりました。もしかしたら、アブラハムは葛藤する気持ちを抱えながら進んでは戻り、後ろ向きの気持ちでいたかもしれません。


三日目、いよいよ、息子イサクをささげる時に、天からの声が聞こえました。「アブラハムアブラハム・・その子に手を下してはならない。何もしてはならない。あなたが神を畏れる者であることが今、分かった。あなたは自分の息子、自分の独り子を私のために惜しまなかった。」(創世記22章12節)


神さまは試練をとおして、大切な宝をアブラハムに与えようとしたのです。それが、「ヤハウエ(アドナイ)・イルエ」です。行き詰まることがあります。その時こそ、恵みの世界の扉が開かれるのです。ヘブライ語の「イルエ」という言葉は、3つの意味があります。「見る、探す、計らう」です。アブラハムは、この「イルエ」という完全な神さまの備えに出会いました。神さまの恵みの宝は、試練を通して手渡されることがあるのです。


今日、私たちも主の山に登りましょう。問題を乗り越えるのは大変かもしれません。課題に向き合うことは骨がおれることです。少しずつ、ゆっくりとしたペースで大丈夫です。山を登るように、祈りの道に歩む時、天が近くになり、この世での心配や恐れは小さく見えるようになります。


今、祈りの課題を抱えていることがありますか。大きな試練や悲しみを抱いていることがありますか、登山に例えるといまどの辺りの道を歩いているでしょう。その時々の神さまの備えがあります。


まずは、五合目・・神さまの眼差し
いつでも、注がれる神さまの眼差しがあります。その眼差しは、豊かに私たちの人生を見つめています。アブラハムが山に登った1日目は、いろいろな葛藤、戸惑いがあったでしょう。問題の前で心は簡単に整理できません。まずは、神さまの眼差しの中で、安心して葛藤しましょう。疑問、戸惑いも神さまと私を結びつける大切な感情なのです。


そして、八合目・・神さまの思い
神さまの思いは、試練の中にあっても、悲しみを抱えることあがっても、いつでも私たちの思い大切にしていてくださっています。そして、一歩、一歩前へ足を進めるために、励まし、「大丈夫、一緒にいる」と語りかけてくださるのです。心が萎えてしまうことがあるでしょう。この先には、今まで味わったことのない恵みの世界が開かれているのです。時には休息を、まだ旅は続きます。


ついに、頂上・・神さまの備え
悲しみや困難は長くは続きません。永遠に苦しみ続けることはありません。やがて、そしてついに神さまの慰めと備えの時を経験するのです。肉体も疲れ、心も疲労しているでしょう。その労苦が報われる時がくるのです。痛みも葛藤も小さく思えるほどの神さまの備えと守りを経験するのです。


試練の山の頂上から、神さまの恵みの世界を見渡しましょう。ホッと一息、神さまはその試練の先にきちんと備えを用意してくださっているのです。


f:id:dailybreadzion:20201029081001j:image