海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

10月21日 10倍楽しい

おはようございます。
今、歩いている道は栄光に続いています。


☆今日の御言葉 ローマの信徒への手紙6章13節
『あなたがたの五体を不義のための道具として罪に献げてはなりません。かえって、自分自身を死者の中から生かされた者として神に献げ、自分の五体を義のための道具として神に献げなさい。』


神さまを信じる思いは、私たちの存在の深い部分に宿ります。私たちの存在の一番深い部分に神さまの命が宿る時、そこから力が湧き上がり、尽きることのない喜びが溢れてきます。マグマのような力が動き始め、源泉から流れる川のような平安が満ちるようになります。


最近、元ワーナーブラザーズ制作室長の小川政弘さんの著書「聖書を知ると英語も映画も10倍楽しい」(いのちのことば社)が出版されました。小川正弘さんがクリスチャンになったきっかけがありました。ある日、ラジオを聴いていると、そこから賛美歌と聖書のメッセージが流れてきました。何か大切なことを聞いたような気がして心を奪われたそうです。その番組を聞き続けていく中で、少年時代に感じていて「運命を支配する力」が、実は、「全宇宙を造られた創造主である神」であり、しかも、その神は自分を深く愛し、人格的な交わりをもとうと手を伸べる方であることを知ります。切望していていた愛にようやく出会えた瞬間だったようです。


私たちの深い心の部分に愛を切望しています。その愛は、簡単にかたちを変えてしまうような愛ではなくて、天地を造られた神さまが命をかけてまで私たちを愛し、守り続ける決して変わることのない愛です。この愛が心に宿る時に、私たちの考えが変わります。見る方向が変化します。何を大切かを知るすることができます。生きる意味がわかります。生かされていることがどんなに尊いことかを実感して、今を喜ぶことができるのです。


私たちは神さまに造られた尊い一人ひとりです。聖書を知ると、今も、これからも10倍楽しくなります。


そのために、今日、1日、私のすべてを神さまの愛の手に委ねてみます。何が変わるでしょうか。私たちの与えられている五体(頭、首、胸、手、足)で考えてみます。


・頭・・考え方の変化

信じる思いによって、ものの見方や考え方が少しずつ変化していきます。物事の本質を見る目が広く、深く、より真実を見つめるように導かれていきます。


・首・・見る方向の変化
まっすぐを見つめます。イエスさまの愛を見つめます。その方向から目を離さないでいれば、すべてのことが最善に導かれていくのです。


・胸・・心の変化
やるべきことだけに忙しくしていると心も疲れてしまうことがあります。何かをするよりも、満たされることを求めます。心が満たされていれば、愛が自然にわきあがります。


・手・・行動の変化
手の業を神さまに委ねます。自分で何かを握りしめていると、よりよいことにはなりません。委ねる時、神さまが、人生の益になるようにと整え、良いものへと造り変えてくださるのです。


・足・・生かされている意味の変化
エスさまが行くところにわたしもついていきます。わたしの行動の源は自分の意思や計画だけではありません。イエスさまが私の今日の日を導いてくださっています。


今日が、いつもよりも10倍楽しく、神さまの恵みと守りが現される日でありますように。
 

f:id:dailybreadzion:20201021080750j:image