海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

10月17日 喜びのメカニズム

おはようございます。
冷たい雨ですが、心はあたたかくお過ごしください。


☆今日の御言葉 フィリピの信徒への手紙4章4節
『主にあっていつも喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。』


みなさんは、何をしている時に一番喜びを感じますか?


精神科医の先生が書かれた本の中で、「喜びが得られる3つのメカニズム」というお話がありました。
生物学的にみると、人間が喜びを得ることの仕組み、メカニズムは3つあるそうです。


1、生理的な欲の充足による喜び・・美味しいものを食べたりすることで、エンドルフィンという喜びの感情をもたらす脳内物質が分泌されます。
2、充実感や達成感による喜び・・必ずしも自分の成功ではなくても、応援しているスポーツチームの勝利でもドーパミンによって喜びを得ることができます。


上の1と2は、手軽に喜びや興奮を得られても持続性がありません。持続性があり、最も価値あるものとされる第3の喜びがあります。


3、愛する人の存在・・愛され、受け入れられ、守られているという安らぎに満ちた喜びです。オキシトシンという物質はもともと授乳の時のような豊かな母子関係に由来するそうです。


第3の深い安心感からくる喜びは、「安全地帯」を得ることに関係があるようです。安全地帯とは、愛される場所、受け入れ合う関係、慰めや安らぎを感じる環境を意味しています。


この安全地帯を得ていれば、自分を肯定することができます。困難の中でも立っていられる人間力が根付きます。自分は愛されているという揺るぎない自信を得ることができるのです。この喜びは永遠に続きます。どんな時にも喜びが溢れるのです。


神さまの深く豊かな愛と結ばれることは、第3の愛される喜びを感じさせてくれるものです。
今日のみことば「主にあって喜びなさい」には、続きがあります。


『主は近いのです。何事も思い煩ってはなりません。どんな場合にも、感謝を込めて祈りと願いを捧げ、求めているものをかみに打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超えた神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスにあって守るでしょう』(フィリピ4:5−7)


ここに、第3の深い喜びを与えてくれる安全地帯が記されているからです。


1、神さまは近くにおられます・・今日、私が生活するその場所は、すぐ横に、「わたしは共にいる」と言われる神さまの大きな存在に包まれているのです。


2、求めているものを打ち明ける・・大きな愛の方の手に包まれて安心しているように、すべての願いを思いを聞いてくださる神さまが共にいるのです。


3、神の平和が心と考えを守る・・神さまの平和は、本当に安心で安全で、癒しを与えてくれます。この神さまの愛から誰も引き離すことはできません。


深い喜びが今日、1日の歩みの中に豊かにありますように。
 

f:id:dailybreadzion:20201017080734j:image