海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

9月26日 限界と可能性

おはようございます。
誰かが喜ぶことを一つしてみます。


☆今日の御言葉 使徒言行録17章27−28節
『実際、神は私たち一人一人から遠く離れてはおられません。私たちは神の中に生き、動き、存在しているのです。』(使徒言行録17章27−28節)


何をしている時が一番幸せですか?           


いかに幸せに生きるか、ということは人々がいつでも求めていることでした。その昔、ギリシャアテネで、哲学者とパウロという信仰者が激しく議論する時がありました。(使徒言行録17章18節)この当時のギリシャ哲学は、エピクロス派とストア派という学派がありました。


哲学と聞くととても難しいと思いますが、追求するものの一つは、「人間の幸せ」でした。何が一番幸せなのか、どう生きることが幸せなのかを説明するものでした。果たして、どう生きることが幸せなのでしょうか。


エピクロス派・・快楽主義で、個人の快楽を追求します。欲望による快楽ではなくて、精神的に落ち着き、深い安らぎ与える幸福を求めていきます。


ストア派・・禁欲主義で、理性で自分の強い感情(情念)に打ち勝つことが本当の幸福な人であるとします。堅固な独立した自由を求めていきます。


エスさまの福音・・世界とその万物を造られた神さまが存在しています。この大きく、豊かな世界観の中に、私の人生が置かれています。イエスさまは死者の中から復活しました。それは、死と暗闇と絶望の先に、救いと命の喜びがあることを示しています。


あらゆる哲学も思想も、人間の人生には役に立つもので、幸せを与えるものもたくさんあります。しかし、その幸せは永続的ではありません。ある時、その積み上げた幸福も終わり、願って人生とは違うことも経験しなければならないことがあります。


福音は、世の中に幸せを見つける道から、神さまの中に本当の生きがい、喜び、安らぎがあることを教えてくれます。その幸せは永続で、どこでも、何をしても、その幸福は変わらないのです。


なぜなら・・


神の中に生き・・神さまの大きな愛に包まれています。問題も課題も私の手だけでは担いきれなくても、大きな神さまの御手に包まれ、良きものへと作り変えてくださるからです。


神の中に動き・・必要な力と知恵は、上から与えられます。自分の限界は、心の悩みとなりますが、神さまのみことばは私に力を与えて、私の人生を豊かに生かしてくださるのです。


神の中に存在している・・神さまに愛されています。その愛は、深く、豊かです。決して私を見捨てることはありません。どこにでも神さまの助けは与えられます。愛されている者はいつでも守りの中にあるのです。


この世の中だけで幸福を見つけようとするとどうしても限界があります。神さまの中に幸福を見出すならば、その可能性は広がり、小さな私の人生に働く豊かな神さまの業を見るようになります。


今日が心からの喜びと幸せを感じる日でありますように。

 

f:id:dailybreadzion:20200926081459j:image