海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

8月18日 私の変革(リニューアル)

おはようございます。
今を感謝することがあらゆる恐れから心を守ってくれます。


☆今日の御言葉 ローマの信徒への手紙8章2節
『キリスト・イエスにある命の霊の法則が、罪と死との法則からあなたを解放したからです。』


聖書の中に出てくる「法則」という言葉は、英語では「lay(置く、整える)」という単語からきていて、神さまによって置かれたもの、整えられたものという意味があります。神さまが私たちの世界にある法則を示されました。人間が心豊かに、平安をもって日々歩むための法則です。これを知る時に、わたしたちは、多くのことを心配して、複雑に物事を考える必要がなくなります。ゆっくりと委ねて、神さまの愛の導きの豊かさの中に生きることができます。


私たちは、この世に生み出された時に、神さまの霊的な法則よりも、この世の法則が強く支配していました。しだいに、この世の法則だけが心を支配するようになり、その結果あらゆる不安が生じてしまいました。この世の法則はある時生きにくく、傷つき、不自由さを感じてしまいます。イエスさまは、私たちに近づき、ある法則を手の中におかれました。それが命の霊の法則です。私たちは新しい法則を手にしながら、自由にされ大胆に神さまを讃えて生きていくことができます。私自身が全く新しくされるのです。


私たちの人生はどのように変えられたのでしょうか。


罪と死の法則・・パウロは、自分の内に罪が住んでいることを告白しました。正しいこと、良いことを行いたいと思っても、実際にはそれを行うことのできない、自分ではどうすることもできないものを抱えていました。それは、自分自身のうちに住む罪であって、その罪はいつでも死の方へと、憎しみや裏切り、絶望や不安の方へと私たち自身を導こうとするのです。悩みが生まれ、愛が冷えていきます。この罪と死の法則が動いている時には人間は本当の意味で幸せになることができません。イエスさまは、その人生を変えるために、この地に来られました。


キリストの救い・・イエスさまは、私たちの罪深い肉と同じ姿となり、私の罪を背負い十字架に向かわれました。それは、私たちが救われるためです。罪は滅ぼされる必要があったのです。そして、イエスさまは、三日目に復活されました。罪に支配される人生を終わりにしてくださったのです。戦いは終わり、葛藤は終わりました。


命の霊の法則・・私たちの内に神さまの霊が宿っています。この世のはじめに、エデンの園には、命の木、善悪の知識の木がありました。人は、神さまを信じる命の木よりも、賢くなるために善悪の知識の木からその実を食べました。私たちは、命の霊の法則を知りました。自分の知恵で、自分の力で、人生を歩むことをしません。命の霊の法則があります。いつでもみことばを手にします。自分で悩まずに神さまの愛の御手にすべてを委ねます。その時、命の霊の法則が動き出し、私たちの人生を祝福してくださるのです。


神さまの愛が豊かに、そしてあたたかく私たちに宿っていることを思い巡らす日でありますように。
 f:id:dailybreadzion:20200818080559j:image