海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

8月6日 天使からあなたへの手紙

おはようございます。
助けは、神さまから与えられます。


☆今日の御言葉 ヨハネによる福音書1章16節
『私たちは皆、このかたの満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。』


クリスチャン作家のC・S・ルイスの「悪魔の手紙」という著作があります。この本は、悪魔の国の大臣クラスの叔父、スクルーテイプから、悪魔養成所を出たての新米悪魔である甥、ワームウッドに送られた31通の手紙が書かれています。この「悪魔の手紙」の現代版である「悪魔の格言〜逆視点からの恵みの発見」(水谷潔著)という書物を読みました。1ヶ月31日分の悪魔の格言があります。


悪魔が神さまの恵みから人間を引き離そうとして、一生懸命に働いているという内容です。神さまの恵みを見せないように、祝福を信じさせないように、悩まし恐れさせることが悪魔の使命と目的です。


神さまに近づこうとする時に、逆の力が働く時があります。みことばに目をとめると、世の事柄が強く私たちの目を惑わすことがあります。愛をもって生きようと思う時に、人間関係の悩みに心が支配されてしまうことがあります。自分の可能性を見つめて歩み出そうとする時に、反対や自尊心を傷つける言葉を聞くことがあります。悪魔のやり方は巧妙ですが、いつも同じようなパターンなのです。神さまの恵みから目を背けさせ、失望や生きる虚しさや、今の現実の恐れや不安に取り囲むことです。

 

エスさまは、満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを、愛の上にさらに愛を、希望と喜びの上に、さらに祝福を増し加えて、とめどなく私たちの人生を満たしてくださるのです。


この恵みの豊かさの中には、悪魔は入ることができずに、力を失います。今日の日、もし悪魔のささやきではなくて、天使の力強い支えと、神さまの愛の中に生きるならば、暗闇はもう私たちを支配することはないのです。


天使が私たちに手紙を書いて送ってくれるとしたら、恵みと喜びが溢れるものになるでしょう。


天使からあなたへの手紙


「大切なあなたへ。あなたの存在は尊く、神さまの目には宝のように輝いています。もし、その輝きが見えなくても、自分を責めたり、自分には価値がないと思わないでください。ダイヤモンドの表面についたホコリは簡単に拭うことができて、いつでも磨かれます。あなたの輝きは永遠です。罪、汚れは赦されます。イエスの十字架はそのためにありました。


あなたは神さまに愛されている子なのです。その子どものためには、父なる神さまは何でもしてくださるのです。必要は与えられます。傷は癒されます。決して見捨てられることも見放されることもありません。


たとえ自分の中に良いものを見ることができなくても、天の富の豊かさの中から、私たちを着飾り、恵みの晴れ着を着せて、キリストに似る姿にまでその愛の中で育まれています。そして、光はいつもあなたの上にとどまっています。その光は、小さな私の生活に神さまが働いてくださることを知ることができるものです。それだけではありません。神さまの業のために共に働く特権を与えてくれました。神さまにある使命に生きて、共に喜ぶことができるのです。


必ず、最後には、死で終わるむなしい人生ではなく、天の喜びの中に迎え入れられるのです。だから、今日を背一杯、神さまと共に歩みましょう。」


天使が取り囲み、今日の日を守ってくださるように、神さまの恵みに支えられますように、お祈りしています。
 

f:id:dailybreadzion:20200806080551j:image