海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

5月9日 神さまとアイスティー

おはようございます。
神さまは微笑んで、ある時は喜んで今日を祝福してくださっています。


☆今日の御言葉 ローマの信徒への手紙 6章4節
『キリストが父の栄光によって死者の中から復活させられたように、私たちも新しい命に生きるためなのです。』


美味しいアイスティーの入れ方を教えてもらったことがあります。アメリカの方なので甘いです・・。水二カップを入れた鍋に、ティーバック2袋を入れて、一旦沸騰させます。そのまま10分おいて、できた濃厚ティーを、大きめのポットに注ぎます。まだ熱い内に、ブラウンシュガーを2カップ入れて、よく混ぜ、さらに2リットルの水と氷を入れて味を整えます。一つひとつの素材が融合し、溶け合い、そしてとても味わい深いアイスティーになるそうです。お気に入りのカップに注いで、ゆっくりと味わうと幸せな気持ちになります。


水とアイスティーというのは不思議な関係です。味のついていなかった水が、ある人の手によって、非常に美味しい飲み物へと変化していくのです。
神さまは、私たちの人生にも同じようなことをしていてくださっています。


水は、とても大切な飲み物です。水は水として存在していますから、ほかの物質にはなれません。水に「あなたは生リンゴジュース」ですと言い聞かせても、一瞬でも変化するでしょうか。それは無理なことです。私たちは、時には、自分という存在を、全く違う存在と比較して、評価し、自分が他の何かにならなければいけないと、苦しんでしまいます。


私たちは別の性質、性格には、決して変わることができませんが、
自分らしく、より個性の輝く姿へと変わることはできるのです。

 

水という存在はものすごく可能性があるものです。ここにある工程が加わることによって、味わ深く、意味深く、そして人々を幸せにすることができるものに変化するでしょう。この変化を実感できるのが、神さまと共に歩む道なのです。


神さまはひとり子イエスさまを私たちに与えてくださいました。
人として生まれ、十字架の道を歩み、栄光の復活の体験しました。
今日は、イエスさまと一緒にその栄光に続く道を、わたしたちの人生の道を見つめながら、思い巡らしてみましょう。


エスさまの生涯に、死と復活があり、そこから新しい命が生まれました。
わたしたちは、新しい命に生きています。


死(鍋の中の水)・・十字架は苦しみと死の象徴です。わたしたちは、ある時十字架を背負うのです。恐れの時です。水が大きな鍋に入れられて、火によって沸騰させられるように、わたしたちの内側の何かが動かされます。激しい試練の中で自分のあり方が変化していきます。耐えられず、自分の力も知恵もその中では無力なのです。わたしたちは死を経験します。自分自身の死であり、その死は消えてなくなることではなくて、新しい力に満たされるための変化の時です。失望したり、自暴自棄にならないでください、イエスさまの苦しみと一つになれる時です。苦しみを通して、信仰の深みへと到達します。


復活(栄光の味わい)・・神さまは、わたしたちが一番弱いと思う時に助けてくださるお方です。捨てることはなく、見離すことはないのです。イエスさまの死は新しい時代を開く扉となりました。神さまは、もっとも深い悲しみの十字架に、「栄光」を輝かせてくださったのです。神さまを体験する場所は、わたしたちが砕かれ、生きる道を見ることができずにいる時です。弱い時の力となり、絶望の時の希望となり、闇の中での光となるのです。死から新しい姿へと造り変えられるのです。


新しい命(個性の輝き)・・もう水は水のままではありません。試練もありました。神さまの深い御心に出会うために、自分自身のあり方が変化していく過程を通りました。神さまを経験するものとされ、沸騰した水に砂糖が溶け込み、紅茶の葉が溶け合うように、まったく新しいものが生じたのです。そして、この新しい命は、自分のためだけではありません。人は、用いられたり、役になっていると思ったり、だれかの幸せのために生きる時に、自分の人生を幸せにすることができるのです。神さまの愛の導きによって、個性は輝き、人の喜びのためにも用いられます。


水は、あなたらしい、あたらしい、味わい深い人生に変えられました。
わたしたちはどんなティーですか?


△ 甘く優しい スイートティー
△ 魅力的な シナモンティー
△ だれもが好む ミルクティー
△ 個性豊かな ハーブティー
△ 深い思想をもつ アールグレイティー
△ いつでも直球、素直な ストレートティー
△ 刺激的な レモンティー
・・・・


どなたも素敵な人々です^ - ^
 

--
海老名シオンの丘教会 ホームページ https://www.ebinazion.com/church/
---
f:id:dailybreadzion:20200509081018j:image