海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

3月24日 負ける勇気

おはようございます。
我を語らず、心を乱さず、安らぎの日でありますように。

☆今日の御言葉 ルカによる福音書14章28節
『あなたがたのうち、塔を建てようとするとき、造り上げるのに十分な費用があるかどうか、まず腰を据えて計算しない者がいるだろうか。そうしないと、土台を据えただけで完成できず、見ていた人々は皆嘲って、「あの人は建て始めたが、完成できなかった」と言うだろう。』

私たちの日々は、何かに追い立てられるように、何かをしていないと満足できない心があります。たくさんの自己実現の塔を建てるために休むことができないほどです。その塔の高さを比べています。どれだけ立派であるかを競っています。内実はともかく、見栄えが良く、人よりも高く華やかであることに一生懸命です。

負けられれない戦いがそこにあるのです。

今日は、焦って、気ぜわしく、人を押しのけて生きることから離れて、神さまの愛の懐で過ごしてみます。

そろそろ、積極的な意味で負けてみませんせんか。改めて人生の喜びを知るようになります。

・慌ただしい、内実のない競争から自由になります。あなたのできる最高の仕事を神さまは用意していださっています。人と違っていても、比べて価値を計らなくてもいいのです。あなたにしかできない神さまの愛を伝える使命が必ずあるのです。

固執しているものはそれほど大切なものでないことに気づきます。自分のこだわりは、自由に働く神さまのみ心を狭くさせてしまいます。私たちが手に握って離そうとしないものは、心配や恐れから来るものです。手放してみましょう。その代わりに、神さまの命のみことばを握りましょう。

・人の評価や名声が人生の最高到達地点ではないことを知ります。見える事柄や、聞こえる情報がすべて確かなものであると錯覚してしまうことがあります。挫折も後悔も見下されたことも、実は、イエスさまの最高の恵みを経験する機会とされるのです。立ち上がらせてくださるイエスさまが、私たちのすべての力の源です。

・豊かに負けましょう。大胆に捨てましょう。どんなに傷ついても神さまの癒しの手は必ず勝利します。プライドも、誇りも、そんなに大したものではありません。神さまが私たちを尊び、喜び、楽しませてくださることが、最高に面白いのです。

人と争い、勝利してきたみなさん、たまには負けましょう。
競争に疲れた人は、神さまの愛で休息しましょう。
プライドを磨いてきた人は、もう無理して磨かなくて大丈夫です。神さまの手で輝きます。

今日は、人生の断捨離の日 (汗)