海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

2月4日 思考(しこう)から信仰(しんこう)へ

おはようございます。

祈り求めていることは、すでに神さまの手の中で動いています。
 
☆今日の御言葉 ヨハネによる福音書3章16節
『神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。御子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。』
 
神さまから素晴らしいプレゼントが届いています。開けてみませんか?いつ注文したのでしょうか。きちんと何かを支払ったのでしょうか。わたしがそれをもらう理由はどこにあるのでしょうか。頭の中ではそのような考えが動きはじめます。そう考えてしまうのは、わたしたちがずっと条件付きの世界に生きてきたからです。
 
条件付きの世界も尊い価値をもたらすことがたくさんありましたが、困ったことに、神さまの無条件の愛を受け止めることには慣れていないようなのです。思考が完全に、条件付きモードで動いてしまいます。その条件付き思考のモーターを止めようと思っても、いつも取引してしまい、労働の対価として自分の価値を見てしまったり、人への手の業も、見返りを求めています。愛されるためには、それなりのことをしなければといつも考えているのです。
 
「神は・・世を愛された。信じる者が・・永遠の命を得る」ここに、何も条件がないのです。そのままで、ありのままで、私たちの存在は、神さまから愛されています。「条件付き思考」を「イエスさまの無条件の愛の信仰」に取り替えてみるとどうなるでしょうか。
 
今日の歩み、無条件の愛の信仰に生きることを一緒に経験してみませんか?例えば、⑴人のために何かをしようとする時に、条件をつけないで接してみます。見返りがないと思うかもしれませんが、神さまの素晴らしい見返りがあります。⑵わたしは、そのままで愛されていると信じてみます。神さまに喜ばれるために、無理に背伸びをして頑張る必要はなくなります。⑶私の傷や闇を克服するために、完全な人にならなければという思いを横に置きます。そして御言葉をただ聴き続けます。尽きず、枯れず、心を満たす神さまの御言葉は毎日注がれるからです。そうすると、わたしは神さまの愛によって造り変えられ、自分も、その人生も祝福と感じるようになります。⑷目の前の課題も心配事を大きくするのではなく、最善は尽くしながら、神さまが働いてくださることを祈り待ち望みます。
 
とても楽に、豊かに生きることができるようになります。