海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

11月24日 愛で癒される

おはようございます。
個性はみな違っていて素晴らしいですね。


☆今日の御言葉 ヨハネの手紙第一 4章18節
『愛には恐れがありません。完全な愛は、恐れを締め出します。』


完全な愛があります。その愛は恐れを締め出し、今日の日を喜びで満たします。


スウェーデン神学者アンダース・ニグレンの著書『アガペーとエロース』の中で、ギリシャ語の「愛」についての意味が説明されています。


アガペー(完全なる愛)はキリスト教的愛、神の愛というべきものであり、それは他者中心(自己否定)的な愛であり、また相手の価値から独立した自発的な、したがって無償的ともいうべき愛であり、それとは対照的に、エロースなる愛は、ギリシア的愛、人間の愛というべきものであり、それは自己中心(自己肯定)的な愛であり、また相手の価値に依存した誘発的な、有償的とも言うべき愛である」


完全な愛は、他者中心で、その人がどうであっても、自分が何を感じていても、相手の本当の幸せを願うものです。人間の愛は、どうしても自己中心で、相手との関係の中で、自分が満たされることが優先されてしまいます。


日本語では「愛」と表現される言葉も、新約聖書ギリシャ語では、4つの意味で「愛」が説明されています。無条件の愛(アガペー)、兄弟愛(フィレオ)、家族愛(ストルゲ)、性愛(エロース)としてあらわされます。

 

私たちは、愛によって癒され、また愛によって傷ついてしまうものです。ギリシャ語の「愛」の表現を一つひとつ整理してみると、私たちの心は神さまの愛によって癒され、また整えられます。


たとえば、今ままでの人生で、兄弟愛(フィレオー)で難しい問題を経験することもあったかもしれません。それは、今も私たちの心に痛みを生じさせています。家族の愛はどうでしょうか。一番近くにあった初めの愛です。家族の愛は、最高のものですが、完全なものではありません。心が満たされず、傷を抱えてしまうこともあります。性愛はどうでしょうか。私たちの思いを暗くさせてしまうこともあります。この愛のかたちがすべてではありません。


アガペー(完全な愛)があります。私たちは心から愛で満たされ、そのままでゆるされ、自分らしく今を喜んで生きることができます。


アガペー(完全な愛)を体験する祈り


1、心を探っていただく
「神よ、私を調べ、私の心を知ってください。私を試し、悩みを知ってください。」(詩篇139:23)
愛によって傷ついていること、恐れていることはありますか。言葉にならない不安や痛みが今も私たちの人間関係や人生に影響を与えていることがありますか。イエスさまは、すべての痛みを知ってくださり、傷を癒してくださる方です。心を神さまに知っていただきましょう。時間がかかってもゆっくりと、だれもあなたを責めることはしません。


2、空の器を用意する
「器を借りて来なさい。できるだけ多くの空の器です。」(列王記下4:3)
神さまの愛は、無条件で与えられ、心を豊かに満たされます。今までは空の器ー自分の弱さは欠点は、不必要なものだと思っていました。神さまの愛は、空の器と思うような空しさ、欠乏、求めの中に与えられ、そのままの姿で願い求める時に、必要は満たされていくことを経験するのです。


3、愛されることを喜ぶ
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」(ヨハネ3:16)
あなたは愛された人です。人生で経験した愛は、不完全なものであったかもしれません。でも今、完全な愛に出会いました。この愛は、私たちから離れることはありません。愛された人は、神さまにすべてを委ねつつも、自分に与えられている人生を喜びをもって歩みます。神さまが必ず守ってくださることを知っているからです。


愛で満たされる今日の日でありますようにお祈りします。
 

f:id:dailybreadzion:20201124082812j:image