海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

11月2日 心配しないでください

おはようございます。
神さまの優しさ、強さが今日を守っています。


☆今日の御言葉 創世記50章20−21節
『あながたがは私に悪を企てましたが、神はそれを善に変え、多くの民の命を救うために、今日のようにしてくださったのです。ですからどうか心配しないでください。』


神さまが得意としていることがあります。①人の企てた悪を善に変えることができます。②大きな愛の中で、私たちをケア(配慮)し豊かに育んでくださいます。③回復と救済を与えることができます。


ヨセフは、兄弟たちから見捨てられ、家族から引き離され、遠いエジプトの国で過ごすことがありました。ヨセフは家族間での問題を抱えていました。兄弟たちの悪の企ての中で、自分の人生がめちゃくちゃになってしまったと思ってもおかしくありません。もし、この世界が運命だけに支配されているならば、ヨセフの生涯は不幸の連続だったのです。


運命は神さまの御手で変えられます。この世の不幸は、神さまにある尽きない喜びに変えられます。


それはどのような変化なのでしょうか。根拠があります。


ヨセフは、エジプトで様々な苦難を経験します。神さま、なぜですか、と思える災難が次々と訪れます。ヨセフはそれでも歩み続けました。苦難を振り払い、それを力に変えて生きていく人生を神さは導かれたのです。苦難を取り除くのではなくて、苦難を通して成長させる道に歩ませたのです。そして、神さまは、ヨセフの心を神さまの愛で満たし、豊かな配慮をもって支え、救われる道を示されました。ヨセフはエジプトで高い地位を得るまでになり、エジプトの国は、豊かになり、たくさんの穀物がありました。ヨセフの兄弟たちがいたイスラエルは干ばつに苦しんでいました。

 

自分を苦しめた兄弟たちが、ヨセフのところに助けを求めてやってきました。ヨセフは、仕返しをすることもできました。自分の人生を不幸に陥れた人たちに憎しみをぶつけることもできました。しかし、ヨセフの心は、変えられていました。神さまの大きな導きの中に、自分の生涯が置かれていることを知っていたのです。平安で、愛があり、過去にどのようなことをあっても、悪を善に変える神さまの大きな計画の中に生きていたのです。


すべてのことは、神さまの大きな御手の中にあります。心配しないでください。


今日の日が恵みがありますように。
 

f:id:dailybreadzion:20201102081122j:image