海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

7月12日 知恵の宝庫がある所

おはようございます。
優しい慰めの光が朝日のように届いています。


☆今日の御言葉 詩篇111編10節
『主を畏れることは知恵の初め、これを行う人は皆、優れた思慮を得る。主の賛美はいつまでも続く。』


以前、大阪女学院の中学生の修養会で聖書のお話しをしたことがあります。そのチャペルの講壇には、ラテン語で「主を畏れることは知恵の初め」と刻まれていました。教育の原点として、心を育む大切な理念として、このみことばが掲げられていました。


私たちは、すでにたくさんの知識と知恵をもっています。人生の問題や課題が目の前にある時には、その知識と知恵の引き出しの中から、必要なものを取り出し、対処します。多くの事柄の問題は解決できても、必ずしもいつでも最善の結果とはならないことがあります。


聖書のみことばは、知恵の宝庫です。あらゆる問題の解決と今日の必要な知恵はいつでも与えられます。
そして、結果的に良いことに導かれていきます。


知恵の宝庫から、良きものを引き出し、宝を入れる器(心)を整えます。空っぽの方がいいのです。
心に神さまのスペースをつくります。


・神さまがすべてを包み込み、私の存在はその大きな御手の中に守られています。
・神さまの力によって前進し、私は委ねて自分にできることで精一杯歩みます。
・神さまの救いによって喜びが生まれ、私は小さくへりくだり、そのままで生きていきます。


信じる心、委ねる心、へりくだる思いは、みことばの知恵が輝く所となるのです。


さらに、知恵の宝が豊かに輝き、その知恵を用いて歩むために、静まりの祈りの時をもちます。
以下の言葉を繰り返し、思い巡らすと、神さまの知恵が輝き出すのです。


・あなたは愛されている人です。神さまの創造の冠です。
祝福の源として、周りの人たちに神さまの祝福の豊かさを分かち合います。


・小さいこと、弱いことを否定的な感情で見つめません。
力強い神さまは、弱い時にこそ、立ち上がれない時こそ、豊かに強く支え守っていてくださっているからです。


・自分の計画が閉ざされたり、挫折も経験することがあります。それでも、私たちは知っています。
自分の思いよりも、はるかに高く、豊かな人生を与えようとしておられる神さまが共にいてくださることを。


・後悔することがあるでしょうか。心が痛むことがあるでしょうか。
痛みを通して、イエスさまと一つになることができます。苦しみは私たちを神さまと結びつけてくれるのです。


みことばで疲れが癒され、休息が与えられる日でありますように。


f:id:dailybreadzion:20200712080502j:image