海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

7月20日 神さまとつながる光回線

おはようございます。
自由と喜びと愛は、誰にも奪うことができません。


☆今日の御言葉 ヨハネによる福音書17章23節
『私が彼らの内におり、あなたが私の内におられるのは、彼らが完全に一つになるためです。こうして、あなたが私をお遣わしなったこと、また、私を愛されたように、彼らをも愛されたことを、世が知るようになります。』


今は、インターネットでいろいろなことができる時代です。ワイヤレスのネットワークがあれば、離れていてもすぐに人とつながり、あらゆる情報にアクセスすることができます。人と人との距離が非常に近くなりました。何かを知りたいと思えば、すぐに知識を得ることができます。


宗教のもともとの意味は、ラテン語の「religioー結びつける」という言葉からきています。良い行いや、正しい人間になること以上に、神さまと私たちが深く、そして豊かに結ばれるのです。そこに人の幸せ、喜び、平安があります。


聖書をみると、神さまと人とのつながりについての意味をより深く知ることができます。神の国のネットワークは、世界が誕生した時から構築されていました。


「光あれ」(創世記1章1節)と神さまは、光回線をつなげてくださったのです。人は、その光回線よりも、自分の知恵で何でもすることを選びました。善悪の知識の木の実を食べてから、神さまと人との回線がつながりにくくなりました。「神である主は人に声をかけて言われた。「どこにいるのか」(創世記1章9節)、この不具合は突然おこりました。そして、修復することもなく、人間はそのまま歩き出しました。

 

神さまは、ある人に光回線をつなげました。アブラハムに、モーセに、ダビデに、イザヤやエレミヤに・・、もう一度神さまにつながって力を得るように、癒しを得るように、大きな祝福を得るようにと招かれました。それでも人々は光の神さまにつながることを拒み続けるのです。


神さまは、人間との関係を修復し、改善(和解)するためにキリストの十字架をこの地に立てました。

だれでも、この十字架に近づくならば救われます。だれでも、神さまの愛ともう一度つながることができます。
あらゆる知恵、あらゆる恵み、あらゆる祝福に即時にアクセスできます。


今日のみことば「私が彼らの内におり・・。完全に一つになるためです。」イエスさまが私たちのうちに今日共にいてくださるのです。心に赦しの十字架、愛と救いの十字架を立ててくださったのです。


私たちのうちに神さまと私たちを結びつける十字架(光回線基地局)があるのです。そこからあらゆる人々が神さまとつながるようになります。私たちが神さまとつながればつながるほど、周りにいる人たちは、神さまの祝福、恵み、救いを知るようになります。


今日は神さまからの光が強く届いています。ここにつながりましょう。
きっと素晴らしい出来事を経験することでしょう。
 

f:id:dailybreadzion:20200720080539j:image