海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

4月5日 心をお守りください

おはようございます。
それぞれのいる場所が神さまの愛が宿る所でありますように。


☆今日の御言葉 イザヤ書26章12−13節
『主よ、あなたは私たちに平和を備えてくださいます。あなたは私たちのためにすべての業を成し遂げてくださいました。私たちの神、主よ、あなた以外の支配者が私たちを支配してきましたが、私たちは、ただあなたの御名だけを唱えます。』


今日、朝や昼、夜のいずれの時間で、心に少し神さまのスペースをつくってください。ゆっくりと祈りつつ、心の土をならすように、私たちのうちにあるすべての喜び、心配、不安を見つめます。そして、自分の手で何も解決しようとせずに、委ねてください。感情や思いががつよくなると、委ねることが難しくなることがあります。すべての思いは横に、神さまがその問題や課題に、豊かに働き、守ってくださり、癒してくださることを静まり考えます。


心のうちに神さまのスペースができて、その委ねて空いた心にみことばを植えます。すべてを理解しようとしなくて大丈夫です。でも、不信に思わないでください。意味が見い出せなかったり、この小さな種がどんな実を結ばれるか分からなくても、神さまの最善の時は、必ずやってきます。


今は、心にみことばの種を植え付ける時期です。春を待ち望む人のように、希望をすぐに見ることができなくても、みことばは愛と喜びと平和の実を結ばせてくださるのです。


自分自身を祈りで育てましょう。祈りは、あらゆる苦難の時の身を守る盾です。嵐の時があっても、聖霊の風が吹いてきます。私たちを包みます。苦しや、痛みにも支配されない、ものすごく大きな平安で包んでくれます。


私たちの人生の道は今日も続いています。桜が咲いてきれいですね。自粛モードですが、季節は動いています。春は訪れ、今日も命は与えられて目覚めました。大切な友の存在は慰めであり、神さまの大きな御手は今日も豊かに一人一人を支えています。


目に見えない脅威と戦う時には、目には見えなくても、もっと豊かなで完全な守りと平和を与えてくださる神さまを共に待ち望みます。


今は家にとどまる時ですが、心は自由に神さまをほめたたえしょう。


Stay home,Praise the Lord!