海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

2月16日 思い煩い対処法

おはようございます。

無数の天使が今日の日を守ってくれます
 
☆今日の御言葉 ペトロの手紙第一 5章7節
『一切の思い煩いを神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。」
 
わたしたちの人生には心地の良い風だけではなく、向かい風、私たちの人生の歩みを遅くさせたり、心を挫かせたり、生きる意欲をなくさせてしまう出来事を経験します。
 
思い煩いという向かい風には、対処法があります。まずは、身を低くします。真正面から体当たりしません。言い返したり、やり返したり、力づくで解決したりしません。そうすると、風は強くなるように、思い煩う力も強くなるのです。身をひくくすると、神さまが力強くバックアップしてくださるのです。
 
思い煩いはどうしても感じてしまいますが、心配ごとや不安という栄養を与えて、増大しないようにします。ここで、信仰が必要になります。信仰の心で受け止めると、その思い煩いを心に取り入れるよりも、心で跳ね返し、神さまに委ねてしまいます。
 
心の体操です。外圧がきます。思い煩いの風を受けます。大丈夫です。決して避けることはできませんが、それを心に入れる前に、祈りをもって、神さまにお任せするのです。思い煩いの風を受けて、それが天に向けられると、やがて神さまの愛の風に代わり、祝福を吹かせてくださいます。平和を吹かせてくださいます。問題の解決が起こります。
 
さあ、今日も思い煩いは神様にお任せしましょう。
 
これから起こるかもしれないどんな困難も十分対処できます。感謝です。