海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

1月25日 心を満たすパズルの完成です

おはようございます。

心にイエスさまの居場所を、今日恵みは訪れます。
 
☆今日の御言葉 コヘレト12章12−13節
『わが子よ、これ以外のことにも注意せよ。書物はいくら記しても果てしなく、体はいくら学んでも疲れるばかり。聞き取ったすべての言葉の結論。神を畏れ、その戒め(みことば)を守れ。これこそ人間のすべてである。』
 
ある人が人生の意味を求める探求をしていました。この世にあるすべての楽しみと思われているもの、多くの人たちが手にしたいと思っている宝のすべて、目に見える幸せ、一生懸命に積み上げる誇りや知恵、心が満たされるまで何かを求め続ける、果てしない欲求・・すべてを味わい尽くしながら、空の空と感じてしまう虚しさがありました(コヘレト1:2)。
 
心のパズルを完成させるために、満たされよう、充実させようと願いますが、ある一つのピースが最後には必要です。それは、神さまがわたしたちを創造し、この人生に生かし、喜びも悲しみもありますが、そのすべての中にあって、「わたしはあなたと共にいる」と語られる愛を拠り所として生きる道です。この最後のピースは、神さまの大いなる御手の中にあって、今日、わたしたち一人ひとりに差し出されている恵みです。受け取るだけで大丈夫です。良い行いや良い知恵やこの世の宝が引き換え条件ではありません。空の手で、ただ求める心で、この恵みのピースを受け取るならば、わたしたちの心は本当に満たされるのです。「主よ、あなたを信じます。わたしの人生に豊かに働いてください」と一緒に祈りましょう。その恵みのピースは、言葉では言い表せない安心、尽きることのない喜びで満たしてくれます。わたしたちはたとえ四方から苦しめられても打ち倒されず、水の中を通るような恐れの中でも押し流されず、火のような試練の中でも守られます。
 
決してひとりぼっちではありません。もう、いろいろなものを求めて疲れ果ててほしくないのです。学びすぎて、がんばりすぎて、神さまの愛を見失ってほしくないのです。「神さまを畏れる」という言葉は、恐怖感や緊張や、プレッシャーではありません。神さまがこのわたしの小さな人生の中にも、豊かな愛の眼差しをもって、生きる力、慰め、すべての問題をも解決する力、大きな課題をも乗り越える力があることを教えてくれます。
 
ゆっくりと、信頼して、あなたのままで大丈夫です。神さまは豊かに働きわたしたちの人生のうちに、たくさんの素晴らしい祝福のみのりを備えていてくださいます。すべての結論、力は神さまの手から与えられ、心の深い喜びと感謝は、御言葉の内に豊かにあらわされます。