海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

2月9日 夢を解き放つ

おはようございます。

人生の海の嵐から、神さまの憩いの港で共に安らぎましょう。
 
☆今日の御言葉 ヨハネによる福音書15章7節
『あなたがたが私につながっており、私の言葉があなたがたの内にとどまっているならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。』
 
人間の脳は、普段の生活では数パーセントしか使っていないようです。まだまだ大きな可能性が秘められていて、私たちが学んだり、経験したり、意欲をもって関心を向けることで、あらゆる可能性が開かれることがあります。私たち自身も、もしかすると、神さまが造ってくださったその姿を、経験や習慣が優位になって、変わらないだろうと思う人間性固執し、その枠組みの中だけで、すべてのことを行おうとしているのかもしれません。小さく、背伸びして生きてしまうことがあります。
 
エスさまは、「わたしにつながり、わたしの言葉が内にとどまるならば、何でも願いなさい」と語られました。つながるだけでいいのです。イエスさまの愛の中に今日も置かれ、その愛はどのような闇に囲まれてもなお輝き、わたしは愛されている存在として歩み続けます。罪や汚れが、自己の存在を小さくむなしくさせようとするかもしれませんが、真実は「みことば」にあります。そのままで、毎日、命の種を心の内に育てるように「みことば」を聴き続けます。ここが、イエスさまとわたしを結びつける接点になります。もうこれだけで大丈夫です。
 
心はもっと大きな可能性を求めるようになります。
今まで、自分の枠組みで制限して眠っていた本当の願いや夢が解き放たれて自由になります。
家族のために祈り、自分自身のための祈り、神さまの思いを知れば知るほど、夢は広がります。