海老名シオンの丘教会牧師による365日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の365日みことばメール

6月20日 助けたい、助けたい

おはようございます。

☆今日の御言葉 フィリピの信徒への手紙4章11節

「わたしは、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです。」

 

置かれた境遇によって、人生の幸不幸は決まるのでしょうか。


日本の農業の歴史に偉人として語られる二宮金次郎という人がいます。薪を背負い本を読む姿で有名です。金次郎の置かれた境遇はあまりに不幸でした。


14才の時に父を失い、16才の時に母を失い、家が貧乏で何も無くなり、意地悪な叔父さんの家で過酷な労働を強いられました。

読書も、油(ランプ)の無駄と言われ禁じられました。そこで思いついたのが、誰もいない川辺に、菜種を蒔きます。収穫した花を油屋へ持っていき、油と取り替えてもらいました。この手法が後に農地革命の元となります。


金次郎の人生感は…


「この宇宙というものは、天の造ってくださったもので、天というものは実に恩恵の深いもので、人間を助けよう助けようとばかり思っている。もし我々がこの身を天と地とに委ねて天の法則に従っていったならば、天が我々を助けてくれる」

 

神さまは、あなたを助けたい!助けたい、と願っているのです。

f:id:dailybreadzion:20220620074223j:image