海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

11月12日 追い風にのって

おはようございます。
朝晩冷えています。あたたかくお過ごしください。


☆今日の御言葉 ローマの信徒への手紙3章24節
『キリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより価なしに義とされるのです。』


先日アメリカ大統領選挙が行われました。混乱の原因、政党の良し悪し、政治的な事柄の意見は別にして・・新聞に女性初の副大統領となる予定のカマラ・ハリス氏の演説が掲載されていました。演説のある一部分にとても共感をおぼえました。このような言葉です。


「他の人がやったこと(見たこと)がない方法で自分自身を見てください。・・」


ハリス氏ご自身が移民の家族で生まれ、アメリカの社会ではマイノリティーと呼ばれる中で育ちました。人間の価値観はそれぞれですが、強さや弱さ、豊かさや貧しさ、という人間が作った価値観が、分断や争いを生み出すことがあります。


人は狭い価値観でしか、他人や物事を見ることができません。しだいに社会の価値観が自分の価値と思ってしまうのです。小さなカゴに入れられた鳥のように・・飛び立つ気力も失われてしまいます。


鳥かごの扉が開きます。自由で喜びに溢れる世界があるのです。神さまは、一人ひとりを愛していて、私が私らしく歩む道を知っていてくださっているのです。


挫折し、後悔が今あったとしても、人生は神さまの手の中にあります。過去は戻ることができませんが、神さまは悪を善に変えることができるお方です。今はまだ憂いや恐れがあっても、その一つひとつの祈りは聞かれています。静まって神さまがこれからしてくださることを見ることができます。


神さまの愛の世界を自由の飛ぶ鳥のように今日の日を歩みます。
追い風が吹いています。この風に乗って・・。


1、イエスさまによる贖いの業
十字架は、マイナスをプラスにする力です。死の象徴は復活になりました。十字架は敗北のように思えました。人の力が強いと思っても、悩みは大きく心を支配しても、神さまは必ず勝利されます。


2、恵まれて、恵まれる
私たちは神さまにとってどれほど大切な一人ひとりなのでしょうか。自分の価値を自分で傷つけることをしないでください。だって、どうせ、ダメだから、とはもう言いません。こんなに、恵まれて、愛されている、と心で叫びましょう。


3、義とされる
義(正しさ)は人生の冠でもあり、お金よりも価値があり、人生の目標でもあります。義は神さまの手の中にあります。神さまは、無条件で、私たちにこの義の冠を与え、私たちを喜びをもって見ていてくださっています。


あなたの存在の価値は本当に高いのです。


f:id:dailybreadzion:20201112081918j:image