海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

11月5日 私は恵みで強くなる

おはようございます。
朝晩の気温差があり、空気は乾燥しています。ご自愛ください。


☆今日の御言葉 テモテへの手紙第二 2章1節
『私の子よ、あなたはキリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。』


健康維持のため、筋肉トレーニングを始めた時に、ジムのトレーナーに指導を受けました。トレーナーは体が強くなるための5つの原則を教えてくれました。


5つの原則は、聞いただけではよくわかりませんでした。それでも、トレーナーの言葉を信じて、実際に体を動かしてみると、理論の正しさを実感することができたのです。


神さまを信じる思いも理論と実践において強くなります。
体を強くする5原則と合わせて、神さまの恵みによって強くなることの意味を考えてみます。


前提ー準備運動
(恵みによって強くなるということは、私たちが一生懸命自分を高めようと思うことではありません。弱い時こそ、恵みによって強くなることを実感することができます。大きな問題の中に現される神さまの助けを経験します。)


原則1、漸進性(ぜんしんせい)の法則
ー筋肉を強くするために同じ負荷でトレーニングを続けるのではなくて、徐々に負荷を高めていきますー


神さまは耐えられないような試練を与える方ではありません。今ある人生の重荷や課題は、神さまの恵みと力強く結びつけるために必要なことがあります。神さまは、課題を乗り越える知恵、問題を解決する力を与えてくださるのです。乗り越えていく経験を通して、神さまを信じる思いは強くされていきます。次の課題がやってきても、同じように対処していけば、やがて、恵みによって強くなる方法を見つけることになります。


原則2、全面性の法則
ー得意な姿勢や部分だけでなくて、全体をバランスよく鍛えていきますー


得意なこと、不得意なことがあります。経験したいこともあり、経験したくないこともあります。心地よいこともあり、不快なこともたくさんあります。私たちは、自分の力では乗り越えられないと思う経験を通して、今までにはない神さまの助けが与えれることを知ることができます。今までささげたことがないような深い祈りが生まれたとき、恵みによって強くなっている瞬間です。


原則3、意識性の法則
ーこのトレーニングがどのような意味をもっているのかを理解すると、効果が高まりますー


祈りをもって課題に向き合うと、神さまの思いが私たちの心に伝えられます。自分の思いで、すべてを判断し、決めつけなくていいのです。この問題、課題に向き合うことを通して、神さまが何を与えよとしているのかを知ることができます。問題や課題の前に、祈りの心を持ちます。意識が不安よりも神さまの方に集中していきます。そのとき、「大丈夫、神さまが助けてくださる」と信じる気持ちが強くなっていくのです。


原則4、個別性の法則
ー目的や個人に合ったトレーニング方法によって、負荷を調整していきますー


神さまは、一人ひとりが恵みによって強くなる方法を知っています。人とは決して同じではありませんが、目的と意味をもって、私の今日の日を生かしてくださっています。人の目、言葉が、私たちの人生の幸せを決めるのではありません。神さまに与えらえている課題に今日向き合い、「力をください」と祈り求め、人を恨まず、妬まず、与えられている人生の恵みを数えて感謝して歩みます。その心に神さまは愛は満ち溢れるのです。


原則5、反復性(習慣)の法則
ー1回、2回で成果が出なくても、反復していくならば、習慣化していくならば効果は必ずあらわれますー


聖書のことばは、私たちを強めてくれます。それは、すぐに実感できるものではないかもしれません。神さまと私の関係を習慣化します。毎日、歯を磨くように、みことばを心で聞く時間をもちます。問題や課題が起きた時には、祈りの習慣を身につけます。神さまの恵みによって育まれ、人生の嵐の時にこそ、恵みによって強くされたことを実感することができます。


今日は、どのような恵みによって強くなるトレーニングがあるでしょうか。
神さまは、私たちに寄り添い、助け守っていてくださるお方です。


f:id:dailybreadzion:20201105080745j:image