海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

9月18日 失敗、失望はありません

おはようございます。
最上の神さまの祝福はこれからやってきます。


☆今日の御言葉 エフェソの信徒への手紙1章13節
『あなたがたも、キリストにあって、真理の言葉、あなたがたの救いの福音を聞き、それを信じ、約束された聖霊によって証印を受けたのです。』


子どもがある先生から聞いたエジソンの名言を話してくれました。エジソンは、電球のフィラメントの実験を繰り返し、低価格で大量に生産できる電球を発明したことで有名ですが、大発明に至るまでに何千回と失敗を繰り返したと言われています。それでも「失敗」という言葉を使いませんでした。


「それは失敗ではなくて、その方法ではうまくいかないことが分かったという成功なんだ。」


一つの出来事を失敗だと決めつけて諦めてしまっていたら、その先の発明にはつながらなかったのでしょう。私たちの人生にもうまくいかないことがあります。一生懸命がんばっても、思い通りの結果に結びつかないこともあります。しだいに、心は消耗し、意欲は減退し、諦める心、疲れ果て暗い気持ちになってしまうこともあります。だれもが、もしかすると、人生のあるところで、この道を通らされるのです。


でも、どうでしょうか。もし、私たちの失敗も、後悔も、心配も、その道を通りながら、「大丈夫、保証する、それは最善になる」と真実な思いをもって、語りかけて確かな約束の言葉を聞いたら。


無責任な言葉でも、単なる気休めでもありません。保証があるのです。神さまが必ず守るという聖霊の証印を押してくださるのです。


その証明証書を手にしています。


・みことばの約束は実現します
「私の口から出る私の言葉も、空しく私のもとに戻ることはない。必ず、私の望むことをなし、私が託したことを成し遂げる。」(イザヤ書55:11)
神さまは、私たちの現実の悩み、痛み、課題を知っていてくださっています。問題が解決する前に、まずみことばが私たちに届けられます。現実の事柄が動くその前に、私たちの内側でみことばの恵みが動き出し、聖霊の慰めを実感できる時に、目に見える問題は変えられていくのです。


・祈りに導かれることはすべて守らます
「私の名によって願うことは何事でも、私がかなえてあげよう。」(ヨハネ14:14)
祈る言葉は、神さまが私たちの心に願いを起こし、生み出されたものです。祈りの心が宿る時、祈りの課題を抱える時、それは、神さまの恵みが現される前触れです。祈りの火を絶えず灯しその時を待ち望みます。やがて、嘆きは神さまを讃える賛美に変わるのです。


・神さまの愛から決して離されません
「私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から私たちを引き離すことはできないのです。」(ローマ8:39)
神さまの愛が輝く時、人の愛は冷たく感じることがあります。悲しくなったり、一人ぼっちのように感じてしまう時があるかもしれません。それは、神さまが真実の愛の中に私たちを招いている時です。「憩いなさい、休みなさい、愛を受けなさい」とイエスさまは、両手を広げて、私たちを包み込んでいてくださるのです。激しい嵐の中でも神さまの愛の懐は一番安全な場所なのです。


・苦難の中でも行き詰まりません
「私たちは、四方から苦難を受けても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、迫害されても見捨てられず、倒されても滅びません。」(第二コリント4:8)
どんな苦しみ、痛みも、打ち倒されるような苦難を受けても、その都度、どんな場所からも、どのような状況からも立ち上がらせてくださる神さまの手があります。弱い時にこそ、神さまの力は強くなり、私が強いと思う時ほど、神さまの力が弱く感じるのです。倒されてもいいのです。力強い神さまが必ず勝利してくださるのです。


失敗、失望、後悔は、私たちの人生にありません。すべては神さまの恵みの出来事へとなります。
 

f:id:dailybreadzion:20200918081353j:image