海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

8月25日 マイナスがプラスになる力

おはようございます。
苦しみは半分に分け合い、喜びは2倍になりますように。


☆今日の御言葉 マタイによる福音書27章46節
『三時ごろ、イエスは大声で叫ばれた。「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」という意味である。』


エスさまが十字架の上で叫ばれた言葉があります。十字架の7つの言葉として、知られています。①「父よ、彼らをお赦しください。」(ルカ23:34)、②「あなたは今日私と一緒に楽園にいる。」(ルカ23:43)、③「女よ、見なさい。あなたの子です」(ヨハネ19:26)、④「なぜ私をお見捨てなったのですか。」(マルコ15:34)、⑤「渇く」(ヨハネ19:28)、⑥「成し遂げられた」(ヨハネ19:30)、⑦「父よ、私の霊を御手に委ねます。」(ルカ23:46)


このイエスさまの十字架の上での言葉は、人間の憂いや悩み、孤独や痛みに光をあてるものとなりました。マイナスと思えることをたくさん抱えてしまうことがありますが、イエスさまの十字架の上での言葉に触れる時に、私たちの人生にプラスの作用が働くようになります。私たちは、自分の力で人生をより良く変化させることができない時がありますが、イエスさまの言葉には力があり、私たちの心と魂はみことばによってより良い方向へと導かれていくのです。


今日は、イエスさまの十字架の言葉を心に刻みましょう。


1、赦しがあります・・十字架に赦しがあります。憎しみや怒り、嘲りや争いが十字架の下にはありました。人々の心は荒れ果てていました。イエスさまは今も「彼らを赦してください。何をしているのか分からないのです。」と、涙のとりなしの祈りをささげているのです。


2、救われます・・どんな失敗も、どんな罪も、裁きという結果で終わることはありません。人生を回復させる道、癒される道、救われる道は私たちの近くにあります。今日、心を開きイエスさまの救いを受け取りましょう。


3、神の家族とされます・・人と人とのつながりは、血縁関係を超えて、信仰の恵みによって、一つにされることがあります。共に祈り、共に歩み、神さまの愛によって結ばれる神の家族の家(教会)に招かれています。


4、見捨てられません・・イエスさまは、私たちの心を深く知ってくださっています。「なぜ私をお見捨てなったのですか」というイエスさまの言葉は、この地上での最後の言葉となりました。寂しさ、孤独を終わらせて下さったのです。神さまの愛と守りが降り注いでいる私たちの今日の1日です。


5、もう渇くことはありません・・十字架は復活に変わりました。苦しみは神さまをたたえる賛美に変わりました。もう、私たちは絶望の縁で悩み、渇くことはないのです。神さまの助けはいつでも、みことばの満たしはどんな時にも与えられるのです。


6、希望の光は輝きます・・救いは実現しました。誰でも、神さまを呼び求めるものは救われます。外側の私は衰えることがあっても、内側はいつでも日々新しくされるのです。絶望をもたらす闇は過ぎ去り、復活の光に照らされて、神さまの愛が私たちの人生の上に豊かに輝いているのです。


7、委ねます・・静まり、そして確実に一歩一歩、イエスさまの愛の中で過ごします。嵐があるでしょうか。問題が山積しているでしょうか。私の手は小さくて、その重荷のすべてを担うことができなくても、イエスさまの大きな手が差し伸べられています。「委ねなさい」と語られるのです。


今日も、神さまはマイナスと思えることをプラスに変えてくだることを共にお祈りしています。
 

f:id:dailybreadzion:20200825080441j:image