海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

7月16日 必ず、護る!

おはようございます。
過去も未来も今も神さまの手の中にあります


☆今日の御言葉 イザヤ書55章8−9節
『私の思いは、あなたがたの思いとは異なり、私の道は、あなたがたの道とは異なる。ー主の仰せ。天が地よりも高いように、私の道はあなたがたの道よりも高く、私の思いはあなたがの思いよりも高い。』


テレビ朝日でBG〜身辺警護人」というテレビドラマが放映されています。最近はあまりテレビを見なくなりましたが、好きなドラマの一つです。このドラマの中で印象的な場面があります。木村拓哉がボディーガードとなってあらゆる危険に立ち向かい依頼者である人を護ります。その中で、身辺警護人が互いに時計を合わせる場面があります。「誤差、なし!」という合言葉とともに、任務が始まります。1分、1秒が命取りとなる状況があるので、最初にまずは時計が合っているか確認するのです。


神さまは、今日の私たちを身辺警護人のように、それ以上に深く状況を見据えて、一つひとつを護っていてくださるお方です。どのように神さまの助けを感じることができるでしょうか。どのように私たちは日々、神さまが共にいてくださる豊かに実感することができるでしょうか。


神さまの「時」とわたしの「時」という時計を合わせてみます。誤差がないようにしてみます。その時に、神さまの護りを豊かに、そして神さまの絶大な愛を知ることができて、心は安心します。


・私(神さま)の思い・・
神さまの思いがあります。神さまという存在は、人間がつくった偶像のような姿ではありません。神々しい姿や、大きな造形物ではありません。姿ではなく、「思い」があるのです。その思いや優しさであり、真実であり、命を捨てるほどの愛です。


神さまは、私たちが希望の道に歩むことができるように、救いの道に生きることができるように願っています。良いことを与えたいと思っています。これほどの思いが私たちの今日の日を守っているのです。俯くこともあるかもしれません。より良いことを考えることができないこともあるかもかもしれません。私の持っている時計は、正しい時を示していないことがあるのです。神さまの愛にぴったりと合わせると、豊かで深い安心、限りのない愛、尽きることのない喜びが溢れていることを知ることができます。祝福が必ずあります。


・あなたがた(自分)の道・・
私たちは、自分の道にこだわりすぎることがあります。自分の道だけを見つめて、他の人の道との比較が基準となってしまっています。自分の道にある不幸や痛みを経験することがありますか。歩きづらいと思ってしまうことがあるでしょうか。瓦礫の中の道をかき分けるように、たくさんの重荷や心配が山積みされて、それらのものが崩れ落ちているかもしれません。その自分の道を歩き続けたら、疲れ果て、怪我をしてしまいます。すべての問題が整理できなくていいのです。良い解決方法があります。


・高い道・・・
自分の道から階段を上がるように、天を仰ぎ見るように、私の思いをみことばの時に合わせます。具体的には、一つの問題、一つの課題の解決の方法を自分の道、自分の時間(考え)によって思い巡らすのではなくて、みことばを求めます。「神さま、今日必要なみことばを聞かせてください」「この課題を乗り越える必要な知恵をください」と祈ります。


神さまの思いは、聖書の中に満ちています。1日、1日、一歩、一歩ゆっくりで大丈夫です。私の思いが、神さまの思いとぴったりと合う時に、その問題は速やかに解決に向けて、最善の結果に向かって動いていることを知ることができます。神さまの思いに合わせるならば、私たちは、もう心配したり、恐れなくて大丈夫なのです。


あなたを必ず、護る。命をかけてあなたの一生を祝福する。神さまの大きな愛に守られた今日の日でありますように。


f:id:dailybreadzion:20200716082213j:image