海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

7月8日 愛と平和の実験

おはようございます。
慰めと守りの日でありますように。


☆今日の御言葉 コリントの信徒への手紙第二 13章11節
『喜びなさい。初心に帰りなさい。励まし合いなさい。思いを一つにし、平和に過ごしなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいてくださいます。』


甘いトマトを見分ける実験というものを見たことがあります。必要なものは、ミニトマト10個ほど、砂糖大さじ2、水500ml、透明の深めの容器です。容器に水を入れて、浮かんできたトマトがあれば、取り出します。容器の水に砂糖を入れます。浮かんできたトマトがあれば取り出します。


この実験によって、トマトの濃度の違いを調べることができるようです。砂糖を加えても最後まで沈んでいたトマトが、砂糖水よりも密度が高く、甘いトマトになるということです。


甘いトマトを味わうように、今日、愛と平和の神が共にいてくださっています。
そのことを実際に体験してみたいと思います。


材料を用意します。
喜び、初心、励まし、一致、平和です。


・喜びは、神さまが良いことをしてくださったことを思い起こす時に心に宿ります。
今の恵みを数えます。心に一つでも、二つでも喜びがあれば大丈夫です。


・初心に帰ることは、純真さ、今日の私の心をありのままを見つめることです。
そのままの私の喜び、私の好きなこと、自分の本質に関わることを大切にしてみます。


・励ましは、一人でも友の姿を思い起こすことです。
祈ってくれる人がいます。決して一人ではありません。勇気を与えてくれる存在、喜びを分け合う友のためにとりなし祈ります。


・一致は、自分の思いを横に置きながら、隣にいる人の心の中にいるイエスさまを見ます。
私の内にいるイエスさま、隣の人の中にいるイエスさまを見る時に一つになれるのです。


・平和は、委ねることの練習です。いつでも自分の考え、過去の経験が人生を動かす力となっています。自分の動かす手を祈り手として神さまの助けを待ち望み歩みます。


この一つひとつのことを僅かでも少量でも、心で混ぜ合わせます。
そうすると、私自身の存在は、神さまの愛の密度が高くなります。


愛と平和の神さまが共にいてくださる、豊かな恵みが降り注ぐ人生とさせられていくのです。


今日、愛と平和の神さまがともにいてくださいます。
 

f:id:dailybreadzion:20200708080617j:image