海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

6月25日 幸せを選ぶ自由

おはようございます。
生活の些細な出来事の中にも神さまはそこにおられます。


☆今日の御言葉 ペトロの手紙第一1章18ー19節
『あなたがたが先祖伝来の空しい生活から贖われたのは、銀や金のような朽ち果てるものによらず、傷も染みもない小羊のようなキリストの尊い血によるのです。』


幸せに生きる道と、苦しみの中に歩む道と、わたしたちは今日、どちらを歩みたいと願うでしょうか。誰もが今日の日を幸せに、心豊かに、安らかに歩いていきたいと願うことです。1日の歩みの中で、いつでもこの2つのことを意識してみます。そしていつでも幸せを選びます。よりよいことを選択します。


自分の生きる道、自分の心を守り、神さまによって与えられた尊く美しい人生、喜び溢れる心、神さまを賛美する姿を、だれにも、どんな状況にも奪われず、巻き込まれず、変わらない愛にいつでも立ち帰ることを祈り求めてみます。


どのような時にも幸せを選ぶ道に歩みます。


・人間関係を改善する幸せの道
言い合いをしたい気持ちが湧いてくるかもしれません。人の言葉に納得できず、または心傷つくこと、嫌な気持ちにさせることもあるかもしれません。感情にまかせるままであれば、自分が傷つくことや恐れて怒ったり、自分の主張の正当性にこだわり続けて、人間関係を悪化させてしまうことがあります。


今日は、幸せを選ぶ日です。しばらくの間、感情や自分の気持ちが強くなりすぎることをそっと手放します。そして委ねます。透明人間になった気持ちで、悪い雰囲気の風を流し、自分で深く受けとめるところから離れます。そうすると、言葉の本質や、傷つけ合う感情を取り除くと、事柄の本質がより見えやすくなるのです。


・誘惑から逃れる幸せの道
意識的に思い巡らす、早回しの法則を身につけます。それは、もし、これを得て、今後それがどのように変わっていくだろうかと、長いスパンで考えてみます。今のことだけ、今目に見えることだけに支配されると、本当に大切な価値を見失ってしまうことがあるのです。私たち自身は、無限でも、不死身でもありません。やがて、目に見えるもの、手にもっているものは、変化していきます。今は輝いても、今は良いことに思えても、それはかたちを変えてしまいます。朽ち果てることに強く固執し続けることを諦めす。手放し喜びます。


・空しさを癒す幸せの道

信仰の価値は、時が経つことで輝きが増していきます。「贖い」という言葉は、「洗われる」ことを意味します。たくさんの傷を負ってしまうことがあります。まだ癒されていない傷口が痛むことがあるでしょう。イエスさまは傷をみつめ、癒し、洗いきよめ、尊い人生の喜び、生かされている幸せを与えてくださっています。どのような中にあっても、イエスさまが共にいてくださる平安に包んでくださるのです。

f:id:dailybreadzion:20200625080935j:image