海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

6月17日 涙の真実

おはようございます。
「光あれ!」と神さまの言葉が届いています。


☆今日の御言葉 詩篇126編5−6節
『涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる。種の袋を背負い、泣きながら出て行く人も、種の束を背負い、喜びの歌と共に帰ってくる。』


神さまの真実に触れる時に、人は涙を流します。涙は、悲しみを洗い流し、新しい神さまの恵みを体験する機会ともなります。人生には、種の袋を背負う苦労があります。疲れや不安、むなしさや痛みを感じて涙を流します。その祈りの涙はやがて、収穫の種の束を背負う、喜びの歌声となるのです。祈りは聞かれ、労苦は報われるのです。


聖書に登場する多くの人たちも涙を流しました。
涙を通して、神さまの恵みを体験しました。


・ヒゼキヤの涙
「ヒゼキヤは涙を流し激しく泣いた。」(列王記下20:3)→「私はあなたの祈りを聞き、あなたの涙を見た。それゆえ、わたしはあなたを癒そう。」(列王記20:4)
ヒゼキヤは病の中で、涙の祈りをしました。祈りは天に届けられます。一番よい導きをしてくださる神さまを知りました。人が流す涙を通して、神さまの熱意のあるみことばを聞くことに導かれていきます。


エズラの涙
エズラが神殿の前で祈り、泣き伏して罪を告白したとき」(エズラ10:1)→「非常に大きな会衆となった。こうして民は激しく泣いた。」
エズラを心を痛め、涙を流しました。圧倒される罪が心を暗くしていました。その涙は、心に愛と赦しの光を照らすものに変えられました。神さまから引き離される痛みを通して、新しい神さまとの絆が結ばれました。


・ヨブの涙
「私の友は私を嘲るが、私の目は神に向かって涙を流す。」(ヨブ16:20)→「主はその後のヨブを以前に増して祝福した。」(ヨブ42:12)
ヨブは、不幸と思える現実と人間関係の傷によって涙を流しました。見えるものはすべて暗闇に閉じ込められるようなことを経験しましたが、目には見えないもっと豊かな希望を見つめる人生とさせられました。涙は大きな祝福の出来事に変えられたのです。


・詩人の涙
「私の涙をあなたの皮袋に蓄えてください。」(詩篇56:9)→「神の前、命の光の中を進み行くために。」(詩篇56:14)
詩人は、祈りの中で涙を流しました。押しつぶされそうな痛みを経験する時、人の中に非常に純粋な信仰の祈りが生まれます。この地上で流す涙は、天の皮袋に蓄えられてやがて、恵みの雨となって、私たちの人生を潤す喜びを経験するものにされるのです。


・エレミヤの涙
「主はこう言われる。あなたの泣く声を、目の涙を抑えなさい。」矢印「あなたの労苦には報いがあるからだ」(エレミヤ31:16)
エレミヤは、自分自身を見つめ涙を流しました。主の預言者として、りっぱに使命を果たしていましたが、現実は過酷で、人々は主のみことばに耳を傾けないばかりか、ひどい言葉によって中傷を受けていました。神さまに従う中で流す涙があるのです。神さまの手は力強く伸ばされて、「あなたの労苦を知っている。あなたの労苦には報いがある」と呼びかけてくださるのです。


・イエスさまの涙
「イエスは涙を流された。」(ヨハネ11:35)→「ラザロ、出てきなさい、と大声で叫ばれた。すると、死んでいた人が、手と足を布で巻かれたまま出て来た」(ヨハネ11:43)
エスさまは、ラザロの死を悼み、悲しみました。ご自分の命を犠牲して、死では終わらない人生を与えようとされました。死という絶望に閉じ込められない命の道を開いてくださいました。十字架の涙は、わたしたちの救いの涙へと変えられたのです。空しく人生が終わることはもう決してありません。死は命に飲み込まれたのです。


涙は祈りです。
涙がある人生に真実なる神さまが近づいてくださるのです。
 

f:id:dailybreadzion:20200617080408j:image