海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

4月19日 三密を避けてみました

おはようございます。
神さまの愛の中で心の嵐は静かになります。

☆今日の御言葉 ローマの信徒への手紙 7章4節
『きょうだいたち、あなたがたも、キリストの体によって、律法に対して死んだのです。それは、あなたがたがほかの方、つまり、死者の中から復活させられた方のものとなり、私たちが神に対して実を結ぶようになるためなのです。』

私たちの人生は律法から福音へ、死から命へ、まるで違う世界に生きるように変えられました。もう暗闇の地に立つ私たちではありません。もう希望がないという、そのところに居るのでもありません。〜しなければならない、と言う人生から、喜びをいただき自分のできる精一杯で生きていく恵みの生涯となりました。

三密を避けて、神さまの恵みを讃えましょう。

1 密集から神さまの元へ
 私たちは、密集の中を生きていました。常に人の影響が強く、毎日、誰かの言葉、だれかの振る舞い、多くの人たちの愛もありましが、愛以外のことが心に深く刻まれて、苦しい時があります。要求や要請、必要や対策、生活は常にこの繰り返しで、休む間もないかもしれません。この密集から、神さまの静まりの中に留まりましょう。人々の中での喧騒から、神さまの愛の静寂で心は癒されていくのです。
 
2 密接からイエスさまの愛へ
 私たちは、密接を求めていました。好きな人だけ、気の合う友だけ、心地の良い密接な関係に価値を置いています。それは、豊かさと同時に人生を狭くさせてしまっていることもあります。多くの友のために祈る愛をいつも求めています。イエスさまに近づく時に、イエスさまに密接になる時に、私たちの心のうちに自然とゆっくり神さまの愛が満ち溢れます。

3 密閉から開かれた天の窓へ
 私たちは、密閉空間を歩いているようでした。自由がないように思い、暗闇に閉じ込められているような不安を抱き、押し迫る心配が深刻であればあるほど、逃げ場のない圧迫を感じてしまいます。上を仰ぎみてください。神さまの愛の光が優しく私たちを包んでてれています。密閉の上に、豊かなで愛に満ちた天の窓が開かれている今日をわたしたちは歩いています。

エスさまは暗闇に閉ざされたお墓から、復活されました。
光へと、喜びへと、豊かな愛へと私たちの手をひいて一緒に行こう!と呼びかけています。