海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

1月9日 希望の地を見ている人

おはようございます。

今日の一つひとつの出来事も神さまの守りの中にあります。
 
☆今日の御言葉 ローマの信徒への手紙6章22節
『今や罪から自由にされて神の奴隷となり、聖なる者となるために実を結んでいます。
その行き着くところは永遠の命です。』
 
私たちの人生の視点は、今を見ることから神さまが与えてくださる希望を見るようになりました。
今までは、自分自身のあり方だけをみていました。
置かれている現実に憂いていることがありました。足元の石につまずき、誰かをゆるせないでいました。
エスさまの愛は、そっとわたしたちを包んでいてくださり、うつむいてしまう私の視線を上にあげ、
約束された希望を見るようにと励ましてくださっています。
 
もはや、わたしたちは自らの弱さに落ち込むことはありません。難しい問題も、自分の手で解決しようとしなくていいのです。憐れみ豊かな神さまの大きな愛が、今日もわたしたちの上に注がれているからです。
憂いは過ぎ去り、問題は最善へと変えられ、罪は赦され、与えられる大いなる約束の地を見ています。
 
命の喜びがわたしたちの人生の終着点です。行き着くところは永遠の命です。
すべての労苦は必ず報われ、目の涙は拭われ、その唇は神さまを賛美しているのです。
自分の手にあるあらゆるものを、神さまの大きな手の中に委ねましょう。
明け渡し、信じ、祈りましょう。その道に、喜びの実が結ばれていきます。
 
”神は常に正しくおられ、変わることがありません。あなたの心を明け渡す時に、神の平安はあなたのものとなります。”
(T.C..ホートン)
 
今日経験する出来事が、やがて神さまの恵みを讃えるものとなりますように。