海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

4月10日 人生をプラスにする法則

おはようございます。
エスさまの十字架の愛が注がれる日


☆今日の御言葉 出エジプト記24章7節
『その契約の書を取り、民に読み聞かせた。すると彼らは「主が語られたことをすべて行い、聞き従います」と言った。』


エスさまの十字架の意味を知っていることは本当に大きな慰めです。
十字架は、縦の棒と、横の棒があります。そして交差してプラスになります。


わたしたちは、今、心配の中を歩いているかもしれません。
この先どのようになってしまうのだろうかと不安になることがあると思います。
一緒にお祈りさせてください。


人生のマイナスと思えることがプラスになる法則があります。


十字架を遠くから見るのではなくて、少しずつ近づいてみます。そして、縦の棒を見上げます。首を少し上にあげるので、不自然な格好かもしれません。でも考えてみると、神さまの愛に守られている私たちがこの世のことだけ、足元の苦悩や心配を見るように、うつむいて生きるような姿勢の方が不自然なのです。


上を見上げると、首が疲れますか?それでも、わたしたちは、いつでも天を見上げて生きていくように招かれているのです。天の声が聞こえます。神さまの愛の言葉が心に注がれます。神さまが語られることばが心の糧となり、生きる力となるのです。


次に横の棒を見て見ましょう。イエスさまの手が見えます。とても傷ついていますが、大きな手です。その手は、地平線を指し示すように、私たちの人生の道の行き先を指しています。みことばを聞く時に、そこに従って生きる道があるのです。


信仰の祝福の道です。聖霊の導きがある素晴らしい生涯です。迷うこともあるでしょう。でも大丈夫です。「ここが道だ、あそこに道がある」といつでも行くべき方向、絶望の道ではなくて、希望に続く道を、永遠の命に至る救いの道を歩ませてくださるのです。みことばを聞いて、今日を生きる。ただそれだけです。シンプルライフです。明日のことも心配する必要はありません。深く考えすぎて落ち込むこともしなくていいのです。


みことばを聞いて→生きる。そして次の日も、みことばを聞いて→生きる。
心配の荷物も、恐れの荷物も、手から離れていきます。
算数の数式のように、それはプラスを生み出します。良いことを生み出します。


祈りは聞かれます。涙は拭われ、憂いは過ぎ去り、やがて、手と手を取り合って、祝福し合い、喜び合う時が訪れます。
十字架から新しい神さまの出来事が起きるのです。