海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

4月2日 心の目で見る世界

おはようございます。
神さまの愛の言葉が心を照らします。


☆今日の御言葉 コリントの信徒への手紙第一 10章31節
『食べるにも、飲むにも、何をするにも、すべて神の栄光を現すためにしなさい。』


目で見る風景(p_-)と、心の目で見る風景(o_o)があります。


今日、誰もが必ずする3つのことを通して、心の目を開いてみます。


・食べる時
今日は何を食べましょうか。食べたいと感じるものは、体がその栄養素を必要としているとも言われています。今日はスローフード(時間をかけてゆっくり)を心がけます。そして神さまの愛を思い巡らします。今日も必要な糧を備えてくださいました。私たちの体の疲れも、心の疲れも神さまは心配し、必要を知っていてくださっています。食事を通して心身を回復させ、神さまの愛で憩いましょう。そして心の糧となる御言葉も今日十分に語りかけてくださいます。


・飲む時
水は今日の体の健康を保つためには必要です。何もなくても水があれば命をつなぎとめることができるほど大切です。心も渇いてしまう時があります。喉の渇きを感じても、心の渇きは見失われがちです。今日、私たちの心は渇いているかもしれません。自分の好きなことを大切にしてみましょう。心が満たされることを一つでもしてみましょう。そして、神さまの愛の言葉は、渇いた心に喜びを溢れさせてくださるのです。 


・何をするにも
 今日のお働きのためにお祈りします。誰かのために何かをする時に、神さまが必要な助けをしてくださいますように。苦労は報われて、労苦はねぎらわれて、なすべき事一つ一つが祝福されて、神さまの栄光となりますように。何をするにも、自分の手とイエスさまの手と両方の力を合わせて、今まで見たこともないような素敵な出来事が起こりますように。


心の目で見る風景が実際の私たちの人生です。


今日は新しい世界が広がっていますね。
今日の日が守られますように。
 

--