海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

3月19日 心の整理術ー付箋を貼ってみましょう

おはようございます。
神さまのそばで共に歩みましょう。

☆今日の御言葉 詩篇24編1節
『地とそこに満ちるもの、世界とそこに住むものは主のもの。」

心配が広がっている社会です。どうか、神さまが一人ひとりの生活を守っていてくださいますように。

困難な坂道を上るように今日歩く人がいます。平坦な日常の道の中にも、ふとした孤独を感じる時があります。順調と思える道も、本来の自分らしさを失いつつある時があります。見ている風景、経験している出来事、抱えている重荷、それらのものが私たちの生活のそば近くにあって、幸不幸を左右してしまいます。

どんな道にあっても、神さまの恵みを体験し、心を整える生き方があります。
その生き方は、落ち込むことから救ってくれます。
自暴自棄になる時にも希望を信じるように守ってくれます。

今日の御言葉にそって、一つのことを実践します。私たちの生活の中にあるすべてのものは、「主のもの」です。私たちが経験する出来事、私たちの周りにいる人々、過去の後悔、今の憂い、将来の心配、そのすべてに「主のもの」という付箋を貼りつけます。

付箋は小さなメモのようなものです。「主のもの」と書きましょう。

あの人も、この人も、この状況のあの状況も・・。
ありとあらゆるところに「主のもの」を貼ります。
心の意識としてそう信じて、物事や人を見てみます。

その時、私たちの感情は横に置いて良いのです。
愛し、信じなくてはと無理に思わなくていいのです。
ただ「主のもの」と付箋を貼るだけです。

主のものであるならば、神さまはその出来事を最善へと、
より良い姿へと造り変えてくださることです。
この恵みの付箋は、祈りをもって貼り付けます。

やがて、恵みの出来事へと変えられていくことを見ることでしょう。