海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

3月8日 ピンチをチャンスに変える

おはようございます。
神さまの願いはあなたが祝福されることです。

☆今日の御言葉 使徒言行録7章59ー60節
『人々が石を投げつけている間、ステファノは主に呼びかけて、「主イエスよ、私の霊をお受けください」と言った。そして、ひざまずいて、「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」と大声で叫んだ。こう言って、ステファノは眠りについた。』

人生の最大のピンチは、神さまの恵みを経験する最高のチャンスになります。私たちはピンチを恐れることがあるでしょう。私たちを悩まし、落ち込ませ、自分の命さえも危うくさせてしまうからです。ステファノは、命を奪われるほどの経験をしましたが、それは、天の窓が開かれるような恵みの体験と変わりました。

どんな中にあっても、神さまに造られて、愛され、生かされている私たちは、心を守る術があります。それは、たとえ投げつけられる石が、自分の尊厳や人生を空しくさせようとも、本来の自分の姿とは全く関係がないことなのです。自尊心を傷付けられることも、自分を責めることもしなくていいのです。もしかしたら、ステファノに投げられた石は、本質とは関係がないところで、この世の恨みであったり、生活の不満であったり、八つ当たりを受けていることが沢山あるのです。

ピンチそのものを相手にするよりも、神さまを相手とすることができます。ピンチを自分の内に招き入れると、あらゆる恐れと憎しみが心に広がります。しかし、その時を天を仰ぎ見る機会となるならば、ゆるしと愛、祝福と勝利を手にすることができるのです。

ある時投げられるこの世からの憎しみの石の数々を数えるよりも、神さまが今までの人生で良くしてくださったことを思い、恵みを数えて、今日を歩みましょう。

天の窓が開かれるようにして、神さまの愛の光が、眩しいほどに、私たちの人生を照らしてくださることです。