海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

3月4日 優しいイエスさま

おはようございます。
わたしたちの希望は、失望に終わることはありません。

☆今日の御言葉 ヨハネによる福音書8章11節
『イエスは言われた。「私もあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはいけない。』

ある絵本を読んだことがあります。その絵本には、ひとりの彫刻家によって造れた、小人(こびと)たちが暮らす村がありました。その村では皆が、「ダメ印シール」と「金ピカシール」を持っていました。失敗した人にはダメ印シールを貼りつけました。成功した人、特技を皆に披露すると、金ピカシールが貼られました。より多くの金ピカシールをもらうために張り合って生活しているのです。人の評価がすべてであり、人の価値は、その貼られているレッテルというシールによって決まってしまう世界でした。

今日、わたしたちは優しいイエスさまに出会います。どんなレッテルを貼られていても、それは大きな問題とはなりません。わたしの本当の価値は、イエスさまが一番よく知っていてくださるのです。尊い神の子です。誰もあなたを罪に定めないのです。赦しの大きな愛で覆っていてくださるのです。

エスさまの愛に触れると、私たちは人生を身軽に自由に喜んでいきることができます。気づかずにいるかも知れませんが、わたしたちにもたくさんのレッテルが貼られているのです。人の評価、傷つける言葉、何かの価値を押し付けられたこと、逆にそのことを人にもしてしまったことがあります。気が重くなり、未来の希望を見ることができないことがあります。

もうその重荷に支配されて生きることをしません。イエスさまの優しさが今日も、ひとりひとりに恵みの道を開いてくださっているのです。レッテルも、評価のシールも、剥(はが)れおちていきます。神さまの愛を心に満たしましょう。

ゆるし合い、愛し合い、労わり、祈りましょう。今日は祝福のシールをたくさんの人に貼りましょう。
周りに笑顔が広がります。