海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

2月20日 神さまのご職業

おはようございます。

一度だけの人生、今日が特別な日でありますように。
 
☆今日の御言葉 コリントの信徒への手紙一 3章11−12節
イエス・キリストというすでに据えられている土台のほかに、誰も他の土台を据えることはできないからです。この土台の上に、誰かが金、銀、宝石、木、草、わらで家を建てるなら、おのおのの仕事は明るみに出されます。』
 
私たちの人生を豊かにする材料はたくさんあります。一度だけの人生、後悔せず、悔やむことも、恨むこともせず、豊かな人生を共に歩みたいのです。神さまは、賢い設計者であり、建築家なのです。私たちの人生を建て上げてくださいます。それには、材料が必要で、知恵深く、その材料を選ぶ作業が任されています。
 
土台は、どうしましょうか。この世の嵐にも耐えられて、揺れ動く出来事にも動じず、困難を乗り越えていかなくてはなりません。自分自身が土台であれば、ある程度の危機は乗り越えることはできても、完全であることはできません。神さまは、私たちにイエス・キリストという土台を据えるようにと、豊かな恵みを与えてくださいました。
 
その土台の上に建て上げるものは何がいいでしょうか。金や銀や宝石も魅力があります。見栄えがよくなるように思います。木や草やわらは、すぐに手に入れやすいものです。でもやがて、それらのものは朽ち果ててしまいます。愛の柱、希望の柱、信仰の柱を立てるならば、それは決して尽きず、いつまでも、私たち自身を豊かにするものです。
 
神さまが建てた家は、あなた自身の今の姿です。
神さまの愛の光に照らされるでしょう。嵐にも耐えられるように、備えが与えられます。
 
今日は、お家のメンテナンスの日です。
土台をチェックし、柱を確認し、もし不具合があれば設計者である神さまに相談しましょう。