海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

2月7日 今日は賛美をしていましょう

おはようございます。

みことばのパン、焼けました。少しでも食べてくださいね。
 
☆今日の御言葉 詩篇148編3−5節
『太陽よ、月よ、輝く星よ、こぞって、天の天よ、天に上にある大水よ。主の名を賛美せよ。主が命じ、それらを創造された。』
 
天の栄光は、今日輝いています。耳をすませば、心を静めれば、聞こえてきます。もし、私たちが日の光のように、天の栄光に包まれることがあれば、人生のあり方の何かが変わります。
 
太陽は、光をこの地に照らすことで神さまを賛美しています。なぜなら、どんなに深い暗闇の夜でも、あけない夜はないことを知っているからです。輝く星は、無数の光を夜空に照らして神さまを賛美しています。なぜなら、たとえ輝きを終えることがあっても、神さまの恵みは数えることのできないほどに再び輝きを与えることを知っているからです。大水は、大きな音をたてて神さまを賛美しています。なぜなら、決して尽きず、枯れず、大地を満たし続ける湧き水が今日も流れ出ていることを知っているからです。全地は、神さまへの賛美の声が響いています。
 
賛美の心がわたしたちの人生を幸せにしてくれます。どんなに辛い闇が迫っていても、夜は終わり、神さまの愛が光輝く朝がきます。わたしたちの人生には、数えられないほどの神さまの恵みの星々が散りばめられています。本当です。わたしたちの助けは、与えられます。渇いた心は満たされます。問題の多くのものは、神さまが解決に向けてすでに動いています。
 
忙しいスケジュールの中でも、抱えきれない重荷がまだ見えても、今日は賛美をしていましょう。