海老名シオンの丘教会 366日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の366日みことばメール

1月2日 光の衣装を今日着ましょう

おはようございます。
新しい朝、祝福の日がはじまりました。

☆今日の御言葉 ローマの信徒への手紙13章11−12節
「あなたがたは今がどんな時であるかを知っています。あなたがたが眠りから覚める時がすでに来ています。今や、わたしたちの救いが、初め信じた時よりも近づいているからです。夜は更け、昼が近づいた。だから、闇の行いを脱ぎ捨て、光の武具を身に着けましょう。」

わたしたちの人生は神様が備え、生かしてくださる恵みの舞台です。
そこで、堂々と愛されている神の子として、生きるように使命が与えれます。

以前は、自分自身という衣装を身にまとい、罪のほころびを隠していました。傷が人生をむなしくさせていました。
しかし、今は、すべての罪は赦されて、恵みの晴れ着が用意されました。
救われ、憂いは過ぎ去りました。

もう罪に定められることはありません。尊い神の子の誇りと喜びを衣装として身にまとっています。大胆に生きましょう。愛をもって仕えましょう。
光という希望が手にあります。その光をもって足もとを照らし、家庭のともし火となり、世の光とされましょう。

”あなたにはどんな困難が待ち受けているか、十分には予測することはできない。どの方向から攻撃を受けるか、どんな重荷を背負わなければならないか、予測できない。これらのものを神から離れて見ることのないように気をつけよう。神がそれらのものとの間におられることを、確信しなさい。晴天であろうと嵐であろうと、船が旅人と大海原の間にあるように。
 その日のために着替えをするとき、神があなたに衣服を与えてくださることを思いおこそう。” (F.B.マイヤー)

光の衣装を着たあなたは素晴らしい。
今日も守れますように。