海老名シオンの丘教会牧師による365日バイブルメッセージ

海老名シオンの丘教会の365日みことばメール

1月18日 決して見捨てない

おはようございます。

☆今日の御言葉 ヘブライ人への手紙13章5節 

「神ご自身、「私は決してあなたを見捨てず、決してあなたを置き去りにはしない」と言われました。 」

 

朝の光は、神さまの優しい眼差しのように、今日の行く道を照らしています。


何が起きても、どんな試練があっても、失望に終わることはありません。


孤独で寂しく、私には味方が誰もいないと思う時も、安心してください。


アメリカの社会学者が書いた「子どもが孤独でいる時間」という本の中に、孤独の価値について説明されていました。


「孤独には積極的な意味があります。子どもにとって、生活のどこかに「ひとりでいるとき」を持つことが必要です。それは自由であること、内へ向かうこと、自分自身を発見することのためには欠かせないのです。」


考え方や今周りで起きている出来事のタイトルは自分で付け変えることができます。


「孤独は寂しい」という心に貼られたタイトルは、「孤独は私の自由時間」と変えることができます。


誰かの評価でも、世の価値観でもなく、自分の願いと喜びに生きるあなたを、

神さまは決して見捨てないのです。

 

f:id:dailybreadzion:20230118074449j:image

1月17日 魅力を伝えます

おはようございます。

☆今日の御言葉 第二コリント5章17節

「誰でもキリストにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去り、まさに新しいものが生じたのです。」

 

神さまは、あなたを魅力的な人として、優しい眼差しで見つめています。


過去の傷も、昨日の嫌なことも、今日という日にはもう何も影響を与えることはないのです。


古いものは過ぎ去りました、まったく新しく、残りの人生で一番若いのです。


「バナナの🍌魅力を100文字で伝えてくださいー誰でも身につく36の伝わる法則」(柿谷尚文著)という本を読みました。


比較的お安く売っているバナナ、大きな価値があるとは思われていないかもしれません。


でもバナナ好きの人にとっては、その魅力を幾らでも説明することができます。バナナは、見た目以上の栄養価の高さ、健康促進効果、ありとあらゆる魅力が詰まっています。


ある時、人と比べて良いものがないと思う時があります。もっと価値ある存在として見られたいと、背伸びをしてしまいます。


神さまは知っています。そのままのあなたの魅力の全てを。

価値があり尊い人なのです。

f:id:dailybreadzion:20230117074345j:image

1月16日 あなたと共にいる

おはようございます。

☆今日の御言葉 マタイ28章20節 

「私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

 

旅に出かける時に、どこに行くかも大切ですが、誰と行くかによって、その楽しみ方が変わります。人生も、何をするかも大切ですが、誰とともに歩くかが幸せにつながっています。


たとえ、思い通りにいかなくても、その遠回りの人生の風景を一緒に楽しみましょう。


少年時代に忘れられない感動的な映画を見ました。1986年に公開された映画「スタンド・バイ・ミー」です。12歳の少年の友情物語です。


映画の主題歌にとても励まされました。


「夜の闇があたりを包み、月明かりしか見えなくても僕は怖くない、僕は怖くない、君がそばにいてくれるなら。友よ、友よ、いつもそばいておくれ…空が落ちてしまい、山が崩れ、海が沈んでも、僕は泣かない…。ひとりではないから。」


あたたかい陽の光のように、多くの友情、神さまの熱情が包んでいます。

あなたはひとりではありません。


あたたかい気持ちと、共に生きている喜びを噛みしめながら、場所は離れていても、スタンド・バイ・ミー共にいます。

 

f:id:dailybreadzion:20230116074150j:image

1月15日 あなたを癒す愛

おはようございます。

☆今日の御言葉 第一ペトロ4章8節

「何よりもまず、互いに心から愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです。」

 

オランダの画家レンブラント・ファン・レインの晩年の作品に「放蕩息子の帰還」があります。ルカによる福音書15章のイエスさまが語られた、たとえ話が元となっています。


父の財産を湯水のように使い果たし、放蕩の限りを尽くし、父の家に戻ってくる息子をありのまま迎える、神さまの愛の場面を再現しています。


驚くべきことに、この絵には多くの物語が描かれています。


息子の顔が父の温かい懐に隠されています。お父さんの柔らかく力強い手が、ボロボロに傷ついたむき出しになった息子の背を抱いています。苦悩と愛に満たされた、年老いた父の顔が息子の上に覆いかぶさって汚れを見えないようにしています。


私も心が寂しく、傷ついていることがあります。見える行いは、見えない心の涙があらわれることがあります。


神さまの愛は、心の涙を拭い、すべての汚れを大きな手で覆うのです。決して責めず、裁かず、見捨てないのです。


その時、内側から癒やされ愛の人になります。

 

f:id:dailybreadzion:20230115074147j:image

1月14日 心は今日晴れになる

おはようございます。

☆今日の御言葉 詩篇94編19節 

「思い煩いが私の内を占めるときも、あなたの慰めが私の魂に喜びを与える。」

今見ている人生の風景は変えることはできませんが、心で見る風景は一瞬に変えることができます。憂いの雲を吹き払い、スッキリと爽やか、感謝が心に晴れ渡ります。


吉本ばななさんの「私と街たち(ほぼ自伝)」の中にこのような言葉があります。


「毎日が蜜だ。生きているだけで丸儲けだ。今日が来るのが嬉しい、目を覚ませるのが嬉しい。だいたいの人がみな愛おしい。」


心はいつでも大空のように広く、すべてを包み込んでいます。心配の雲が☁️恐れの雲☁️が見えても、過ぎ去るままにします。それほど大きな影響は与えないのです。


神さまの愛の太陽が暖かく差し込みます。楽しい思い出が爽やかな風のように吹いています。


煩わしい人間関係も、考えてみれば愛おしい人々と思えます。


今日目覚めて、生きています。あなたの存在は喜びです。

たくさんの良き仲間がいます。あなたのままで行きましょう。


今日は大学共通テストの日ですね。応援しています。心から祈っています。

 

f:id:dailybreadzion:20230114074618j:image

1月13日 誰もが自信を持てます

おはようございます。

☆今日の御言葉 第二コリント3章18節 

「私たちは皆、顔の覆いを除かれて、主の栄光を鏡に映すように見つつ、栄光から栄光へと、主と同じかたちに変えられていきます。」

 

今日、鏡を見たでしょうか。あなたはこの世界で誰とも同じではない、とても個性的で誇らしく、本当に尊い存在です。


必要な備えも守りもあります。自信をもって共に今日を歩きましょう。


「子どもが育つ魔法の言葉」という本に‘’子は親の鏡‘’という詩が紹介されています。


「子どもを馬鹿にすると、ひっこみじあんの子になる。叱りつけてばかりいると、子どもは、自分は悪い子なんだと思ってしまう…


 励ましてあげれば、自信をもつようになる。褒めてあげれば、明るい子に育つ、認めてあげれば、自分を好きになる。見つめてあげれば、頑張り屋になる」


自信を持つ事も、良い鏡になる事も難しい時があります💦


🪞今日見るのは神さまの鏡です。素晴らしく造られた最高の姿が映っています。

誰もが自信を持って生きていいのです。


愛され、優しい眼差しで見つめられています。良い個性が引き出され輝いています。

 

f:id:dailybreadzion:20230113074558j:image

1月12日 安心してください

おはようございます。

☆今日の御言葉 マタイ14章27節

「イエスはすぐに彼らに声をかけ、「安心しなさい。私だ。恐れることはない」と言われた。」

 

今日、何も恐れることなく安心して過ごすことができます。


あるセミナーで講師が言いました。「皆さんが座っている50cm四方の椅子に目を閉じて立ってください」皆、その椅子の上に立ちます。


次に語ります。「あなたは今、地上から50m離れたその僅かなスペースに立っています」多くの人が立ちすくみ、怯えて座ってしまいます。


想像、妄想によって意識は変化します。


状況はそれほど深刻ではない場合があります。失敗しても、幾らでも挽回する事ができます。心悩ますあの人は、何も気にせず、パフェでも食べているかも知れません。


思い悩むだけ損をしてしまいます。助けがあったり、守られたり、きっとうまく行く事が沢山あります。


恐れの風を受け、自分にはできない、もうダメと、諦めなくてもいいのです。


もう一つの言葉が届いています。太陽のように光り輝き、あなたを照らしています。


安心しなさい、恐れることはない。


祝福は必ずあります。

 

f:id:dailybreadzion:20230112074302j:image